メインメニューを開く

石井 光三(いしい みつぞう、1931年10月13日 - 2015年1月6日)は、東京府出身の俳優タレント・芸能プロモーターである。

いしい みつぞう
石井 光三
生年月日 (1931-10-13) 1931年10月13日
没年月日 (2015-01-06) 2015年1月6日(83歳没)
出生地 日本の旗 日本 東京府
死没地 日本の旗 日本 東京都世田谷区
職業 俳優、芸能プロモーター
活動期間 1939年 - 2015年
事務所 石井光三オフィス
テンプレートを表示

自分の名前を冠した芸能事務所石井光三オフィス社長会長を務め、テレビ出演等では石井社長として親しまれた。

来歴・人物編集

生まれは東京であるが、主に大阪で育ち、大阪産業大学附属高等学校を卒業。1939年子役としてJO京都撮影所(旧東宝京都)に入所している。

その後は宝塚新芸座に在籍していたが、1963年にタレントを引退し、松竹芸能社員として裏方に転身[1]ミヤコ蝶々南都雄二らのマネージャーを務めており[2]1977年に松竹芸能から独立、石井光三オフィスを設立し、コント赤信号ピンクの電話チャイルズなどを育てた。

コメディアン俳優としても活躍していたレオナルド熊と共に『劇団七曜日』を 立ち上げ、若手お笑い系役者の登竜門的存在になった。主な劇団員にデンジャラス近藤芳正磯野貴理子などがいる。

芸能マネージャーの中においても、タレントの売り込みのための押しの強さ、挨拶のやかましさなど、彼の強烈な個性は業界内でもインパクトが強かった為、内輪ネタとして所属タレントのラサール石井[3]に『オレたちひょうきん族』などでものまねされ(『ひょうきん族』では1985年頃から)[2]、一般視聴者にもよく知られるようになる。

放送局の仕出し弁当が大好物で、『ひょうきん族』では石井に各局の弁当を当てさせるクイズを行ったことがある。

2012年ごろに肝内胆管がんと診断されて在宅医療を受けて闘病を続けていたが[4]2015年1月6日、世田谷区内の自宅にて83歳で死去した[1][4]

出演編集

テレビドラマ編集

映画編集

情報バラエティ編集

CM編集

作品中にも石井社長として登場。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集