水野忠鼎

日本の江戸時代の大名、肥前唐津藩の第2代藩主

水野 忠鼎(みずの ただかね)は、江戸時代中期から後期にかけての大名肥前国唐津藩2代藩主。忠元系水野家9代。水野忠邦の祖父である。

 
水野忠鼎
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 延享元年5月16日1744年6月26日
死没 文政元年8月3日1818年9月3日
改名 浅野長孝(初名)→水野忠鼎
別名 通称:式部
墓所 茨城県結城市の万松寺
官位 従五位下左近将監
幕府 江戸幕府
主君 徳川家治家斉
肥前唐津藩
氏族 浅野氏水野氏(忠元流)
父母 父:浅野宗恒、養父:水野忠任
兄弟 浅野重晟忠鼎浅野長員浅野長包松平定功正室(後本庄資承正室)
正室:水野忠任養女水野忠辰娘)
忠光内藤正国忠方忠寛
米倉昌俊内藤政環
次女(石川総師正室)、
水野貞利正室(後片桐貞彰正室)、
大岡忠正正室、水野忠純

略歴編集

延享元年(1744年)、安芸国広島藩6代藩主・浅野宗恒の次男として誕生。明和4年(1767年)9月18日、唐津藩初代藩主・水野忠任の養子となる。同年11月1日、10代将軍・徳川家治に拝謁する。同年12月16日、従五位下左近将監に任官する。安永4年(1775年)9月23日、養父・忠任の隠居により、家督を継いだ。

安永8年8月12日、幕府の奏者番に就任した。藩政においては二本松義廉を登用して財政改革を行なったが、天明の大飢饉に見舞われて失敗に終わった。享和元年(1801年)に藩校経誼館を設置している。

文化2年(1805年)9月5日、長男・忠光に家督を譲って隠居し、文政元年(1818年)に死去した。享年75。