永井 潔(ながい きよし、1916年8月24日 - 2008年9月8日)は、日本の画家

劇作家永井愛の父。父は新潟県三条市出身の教育者、母は京都本阿弥家の末裔[1]

日本美術会の創立に参加、事務局長や附属民主主義美術研究所所長を務める。

硲伊之助らに師事。二科番衆技塾、本郷岡田三郎助美術研究所で学ぶ。

一水会優賞、さくら新人賞を受賞。学校法人中央労働学園理事長となり、法人が経営する東京文科アカデミー、武蔵野外語専門学校の理事長・校長を歴任した[1]

書籍の装幀にも携わり、児童書の挿絵も描き、絵本雑誌『キンダーブック』、山代巴『荷車の歌』、村山知義『ウィリアム・テル』、筑摩書房『新版小学生全集』、講談社『少年少女世界文学全集』、『世界の名作図書館』、偕成社『ジュニア版世界文学名作選』、『ジュニア版・日本の古典文学』、『ジュニア版日本文学名作選』、岩崎書店『少年少女おはなし世界歴史』の挿絵などでも知られている。『絵で読む名作小説―永井潔挿絵画集』(2006年)も刊行されている。

経歴編集

主な著書編集

  • 『芸術論ノート』(1970年、新日本出版社)
  • 『芸術の伝統と創造』(1974年、大月書店)
  • 『芸術と自由』(1978年、新日本出版社)
  • 『反映と創造 芸術論への序説』(1981年、新日本出版社)
  • 『永井潔画集』(1994年、永井潔画集刊行委員会)
  • 『絵で読む名作小説―永井潔挿絵画集』(2006年、光陽出版社)
  • 『永井潔画文集 絵と写真でたどる芸術の旅』(2008年、みずさわ画廊)
  • 『戦後文化運動・一つの軌跡』(2008年、光陽出版社)

出典編集