永福寺跡(ようふくじあと[1])は、神奈川県鎌倉市二階堂(旧二階堂村)にある寺院跡。鎌倉時代初期に源頼朝中尊寺の二階大堂、大長寿院を模して建立した寺院で、鶴岡八幡宮勝長寿院とならんで当時の鎌倉の三大寺社の一つであった。二階建ての仏堂であった事から二階堂とも称された。寺跡は国の史跡に指定されている[2]。また世界遺産候補となっている武家の古都・鎌倉の構成資産のひとつ。

永福寺跡
永福寺跡の看板

座標: 北緯35度19分41秒 東経139度34分04秒 / 北緯35.32806度 東経139.56778度 / 35.32806; 139.56778

永福寺跡の位置(神奈川県内)
永福寺跡
永福寺跡
位置

歴史編集

源頼朝は文治5年(1189年)9月の奥州合戦を契機に、源義経藤原泰衡をはじめとする数万の怨霊をしずめ、冥福を祈るための寺院の建立を発願。その年の12月には永福寺の建立に着手した。造立責任者は工藤行政、建立には畠山重忠ら関東の御家人の助力があった事が『吾妻鏡』に記載されている。建久3年(1192年)11月25日に本堂が完成し、落慶供養が行われた。

応永12年(1405年)の火災ののち廃絶した。

調査編集

1983年昭和58年)から開始された発掘調査で、北方から流れ込む谷川を水源とする南北200メートル、東西40-70メートルの苑池を中心とした浄土庭園の西岸に、二階大堂を中心に南北に阿弥陀堂薬師堂翼廊を従えた中心伽藍が確認された。このことから、伽藍全体の空間構成は無量光院をモデルにしたと考えられる[3]

現在、永福寺跡周辺が「二階堂」と呼ばれているのも、この建物が由来となっている。

復元編集

長らくススキが生える湿地となっていたが、史跡指定翌年の1967年(昭和43年)度から土地の公有化を進め、2007年(平成19年)以降復元整備工事に着手し、2017年(平成29年)6月、二階堂、阿弥陀堂、薬師堂などの基壇(基礎)と苑池の復元が完了し、公開された。

脚注編集

  1. ^ 鎌倉幕府時代の当時は河内国叡福寺に習って「えいふくじ」と読んだ。
  2. ^ 史跡永福寺跡について(鎌倉市)
  3. ^ 小野健吉『日本庭園:空間の美の歴史』岩波書店〈岩波新書〉2009年、ISBN 9784004311775 pp.106-108.

関連項目編集

関連文献編集

  • 「巻之二 永福寺舊跡」『新編鎌倉志』第5冊、河井恒久 等編、大日本地誌大系刊行会〈大日本地誌大系〉、1915年、27-28頁。NDLJP:952770/28

外部リンク編集