メインメニューを開く

汐見橋

Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
大阪府道29号標識

汐見橋(しおみばし)は、大阪府大阪市内を流れる道頓堀川に架かる大阪府道29号大阪臨海線新なにわ筋)のである。

概要編集

沿岸開発が本格的に始められたのは1698年元禄11年)からで、汐見橋を始め住吉橋、幸橋、日吉橋の4橋が架けられた。「汐見橋」の名の由来は、潮の干満がこの場で観察できたためといわれている。また、別名を「唐金橋」(とうがねばし)といい、唐金家という掛屋が架けたためという。

1925年大正14年)、大阪市第一次都市計画事業によって幅員9.3メートルの三径間鋼鈑桁橋に架け替えられた。

1964年昭和39年)に幅員32メートルの橋になり、三径間連続合成桁コンクリート鋼板を一体化して強度を高めたもの)という新形式の構造が用いられた。これが現行の汐見橋である。

外部リンク編集

関連項目編集