江川 英吉(えがわ ひでよし)は、戦国時代から安土桃山時代武将

 
江川英吉
時代 戦国時代 - 江戸時代初期
生誕 天文15年(1546年
死没 寛永2年7月17日1625年8月19日
別名 孫太郎、太郎左衛門、肥前、善祐(号)
戒名 日運
主君 北条氏康氏政氏直徳川家康
氏族 清和源氏頼親流宇野氏族江川氏
父母 江川吉茂
英長、源四郎、江川吉久室、徳川家康侍女
テンプレートを表示

略歴編集

江川氏は鎌倉時代より続く伊豆韮山の武士で、戦国時代からは代々後北条氏に仕える。また北条時頼に韮山で作った酒を献じて賞され、代々名酒といわれた。

天正18年(1590年小田原征伐に際しては北条氏規に従って韮山城に籠もり、江川曲輪を守備。小田原落城後は徳川家康に許されて本領を安堵され、以後は家康に仕える。文禄元年(1593年肥前名護屋城出張に従うが、その際に酒を献じて賞された。

参考文献編集