メインメニューを開く

池田 善長(いけだ よしなが、1909年(明治42年) - 1982年(昭和57年))は、日本農業経済学者。専門は、農業経済学開発政策経済学博士北海道大学)。農学博士(北海道帝国大学)。北海学園大学名誉教授。恩師は高岡熊雄。弟子に小田清、ゼミ出身者に森本正夫がいる。

来歴編集

三重県出身。1927年(昭和2年)横浜一中卒業。1934年(昭和9年)北海道帝国大学農学部農業経済学科卒業。同農学部助手東亜研究所研究員や、北海道庁 (1886-1947)経済部勤務を経て、1947年(昭和22年)経済安定本部経済調査官。1950年(昭和25年)経済調査庁査察部課長。1952年(昭和27年)北海学園大学経済学部教授1956年(昭和31年)学校法人北海学園評議員。1957年(昭和32年)北海学園大学開発研究所主任教授(副所長待遇)。1959年(昭和34年)同学生部長。1964年(昭和39年)開発政策研究のため渡米。学校法人北海学園評議員。1968年(昭和43年)北海学園大学開発研究所所長。1968年(昭和43年)学校法人北海学園理事1979年(昭和54年)北海学園大学定年退職。北海学園大学名誉教授[1]

学位論文編集

  • 1947年 北海道大学 農学博士。論文の題は「本邦農村に於ける労働力移動、特に出稼事象に関する研究」。
  • 1971年 北海道大学 経済学博士。論文の題は「地域開発政策に関する研究」[2]

主著編集

  • 『農​業​政​策​の​基​調​に​就​て』(​​農​業​と​經​濟​社, 1934年)
  • 『農村社會學研究』(刀江書院, 1938年)
  • 『ソ聯農業の研究』(東兆書院, 1943年)
  • 『開發政策要論』(川崎書店, 1954年)
  • 『地域開発政策』(鹿島研究所出版会, 1971年)
  • 『地域開発の政策原理』(大明堂, 1977年)

などの他、多数。

脚注編集

  1. ^ 以上につき、『北海学園百年史』(北海学園創基百周年記念事業出版専門委員会編、北海学園、1987年(昭和62年))385頁、北海道21世紀タイムス編『北海学園120年の群像』(北海道21世紀タイムス、2005年(平成17年))132-133頁を参照。
  2. ^ 博士論文書誌データベース
先代:
-
北海学園大学経済学部長
初代:1964年 - 1966年
次代:
高岡周夫