メインメニューを開く

沈黙交易(ちんもくこうえき、: Silent Trade, dumb barter, depot trade)は、交易の形態のひとつ。日本語では無言交易沈黙取引無言取引などの表記も見られる。共同体が、外部とのコミュニケーションを出来るだけ避けつつ外部から資源を得るための方法として、世界各地で用いられた。

目次

概要編集

一般的には、交易をする双方が接触をせずに交互に品物を置き、双方ともに相手の品物に満足したときに取引が成立する。交易の行なわれる場は中立地点であるか、中立性を保持するために神聖な場所が選ばれる。言語が異なるもの同士の交易という解釈をされる場合があるが、サンドイッチ諸島での例のように言葉が通じる場合にも行なわれるため、要点は「沈黙」ではなく「物理的接近の忌避」とする解釈もある[1]

フィリップ・ジェイムズ・ハミルトン・グリァスンは、世界各地の沈黙交易を研究し、人類史における平和が、市場の中立性や、異人(客人)の保護=歓待の仕組みに深くかかわっていると述べた。カール・ポランニーは、沈黙交易について、掠奪による獲得と交易港による平和的な交易の中間に位置する制度とした。ピーター・バーンスタインは貿易商人たちに捕えられて奴隷にされることを避けるためと推測しており[2]、商人の側としてはアフリカ人のもたらすを何としても欲しいため、この奇妙なやり方に従うしかなかったとしている。

沈黙交易の例編集

沈黙交易の有名な例として、ヘロドトスが『歴史』の第4巻に記録しているカルタゴリビュアが行なった金交易が知られている[3]イブン・バットゥータは『大旅行記』で、ヴォルガ・ブルガールがアーミンの毛皮交易を行うときは相手の姿を見ないと語っている[4]。グリァスンは、沈黙交易の形態を分類したうえで以下のような例をあげている。

当事者の集団が相互に不可視の沈黙交易
当事者集団が相互に姿を隠すとは限らない沈黙交易
仲介者をへて行なわれる沈黙交易

日本における研究編集

日本での沈黙交易の最古の記録としては、『日本書紀』の斉明天皇6年(660年)3月の条における阿倍比羅夫粛慎と戦う前に行なった行為があげられる。鳥居龍蔵は北東アジア全般に沈黙交易が存在したと論じており[5]岡正雄椀貸伝説コロポックルの伝説、『譚海』のアイヌ、『梁書』や『唐書』の記述にある中国の鬼市を無言交易とした。

柳田國男大菩薩峠六十里越で黙市が行なわれたとし、他に『諸国里人談』や『本草記聞』の記述にある交趾国奇楠交易を例としてあげた。かつて栗山日光、大菩薩峠などの峠路にあった中宿で行なわれていた無人の交易を沈黙交易とするかどうかは、研究者の間で解釈がわかれている。

また、1917年(大正6年)に鳥居龍蔵が椀貸伝説を「沈黙交易」であると指摘すると、1918年(大正7年)に柳田はこれに対して反論し、椀貸伝説は「異郷観念」の表現形態であり、竜宮伝説や隠れ里伝説に類する信仰現象であるとした。椀貸伝説の「沈黙交易」説は戦後も論争が続き、1979年栗本慎一郎は『経済人類学』において椀貸し伝説は「沈黙交易」であり、さらに交易の原初的形態と指摘した。この「沈黙交易」を「交易の原初的形態」であるとする説に対しては、同年に岡正雄は「沈黙交易」は「交易の原初的形態」ではなく交換の特殊型であるとし、客人歓待を前提とした「好意的贈答」の習慣であると指摘した。

新井白石が『蝦夷志』に記録しているアイヌ同士の交易も沈黙交易とされ、道東アイヌは米、塩、酒、綿布など、千島アイヌはラッコの皮などを交換に用いた。アイヌによる沈黙交易は、この他に樺太アイヌツングース系民族山丹人山丹交易)、アイヌとオホーツク人[6][7]ニヴフなどの間にも行われている。瀬川拓郎はアイヌ伝説に登場する小人・コロポックルの起源が千島アイヌの沈黙交易にあるとし、千島アイヌの沈黙交易は疱瘡をはじめとする疫病を防ぐために行われたと論じた[8]

沈黙交易から市場への変化編集

グリァスンは、沈黙交易から原初的な市場への変化について、以下のような類型を示唆している。

  1. 姿を見せぬ交易(インヴィジブル・トレード)
  2. 姿を見せる交易(ヴィジブル・トレード)
  3. 客人招請(ゲスト・フレンドシップ)
  4. 姿を見せる仲介者づきの交易(ミドルマン・トレード)
  5. 集積所(デポ)
  6. 中立的交易
  7. 武装市場(アームド・マーケット)
  8. 定市場(レギュラー・マーケット)

グリァスンは、市場の存在により特定の場所に平和が保存され、それが市場への路や人物にも広がることで、友好や歓迎のサイン、通行手形カルドゥーク、異人を保護するツワナ族モパートミンダナオ島パガリィコイコイ人のマート (maat)、ベドウィンダケールナジルソマリ族アバン、イブン・バットゥータが述べたイスラーム世界の「客人」、そしてゲストハウスなどの慣習を生んだとする。こうして、平和の範囲が進展すると述べた[9]

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 栗本『経済人類学』 p101
  2. ^ ピーター・バーンスタイン著 『ゴールド 金と人間の文明史』 109頁。
  3. ^ 松平千秋訳『歴史』中巻(岩波文庫)、110頁。
  4. ^ イブン・バットゥータ『大旅行記』第4巻 p47
  5. ^ 鳥居龍蔵『極東民族』文化生活研究会、1926年。2017年10月17日閲覧。 pp.298-301
  6. ^ オホーツク人のDNA解読に成功ー北大研究グループー 北海道新聞2012年6月18日朝刊
  7. ^ 「消えた北方民族の謎追う 古代「オホーツク人」」北大が調査 朝日新聞2009年2月4日
  8. ^ 瀬川『アイヌの沈黙交易』 p93
  9. ^ グリァスン『沈黙交易』第3章

参考文献編集

  • イブン・バットゥータ 『大旅行記』第4巻 家島彦一訳注、平凡社〈東洋文庫〉、1999年。
  • 岡正雄 『岡正雄論文集 異人その他 他十二篇』 岩波書店〈岩波文庫〉、1994年。
  • フィリップ・ジェイムズ・ハミルトン・グリァスン 『沈黙交易 異文化接触の原初的メカニズム序説』 中村勝訳、ハーベスト社、1997年。
  • 栗本慎一郎 『経済人類学』 東洋経済新報社、1979年。 - 特に第6章、第7章
  • マーシャル・サーリンズ 『石器時代の経済学』 山内昶訳、法政大学出版局、1984年。
  • 瀬川拓郎 『アイヌの沈黙交易 奇習をめぐる北東アジアと日本』 新典社新書、2013年。
  • ピーター・バーンスタイン 『ゴールド 金と人間の文明史』 日経ビジネス人文庫 ISBN 4-532-19269-2
  • ヘロドトス 『歴史』 新潮社、岩波書店など
  • カール・ポランニー 『人間の経済 1 市場社会の虚構性』 玉野井芳郎・栗本慎一郎訳 / 『人間の経済 2 交易・貨幣および市場の出現』 玉野井芳郎・中野忠訳、岩波書店、2005年。
  • カール・ポランニー 『経済の文明史』 ちくま学芸文庫 ISBN 4-480-08759-1
  • 増田義郎 『黄金の世界史』 小学館 ISBN 4-09-626057-6
  • 柳田國男 「山人の市に通うこと」『柳田國男全集6』 筑摩書房〈ちくま文庫〉、1989年。

関連項目編集

外部リンク編集