メインメニューを開く

沖本姉妹(おきもとしまい、姉・沖本富美代、妹・美智代1970年10月31日 - )は、1980年代後半〜90年代にかけて女優歌手として活動した一卵性双生児の姉妹。北海道札幌市出身[1]。かつての所属事務所ホリプロ沖本富美代・美智代の名前で表記されることもあった。

人物・来歴編集

姉妹ともに北星学園女子中学・高等学校に在籍し、新体操の選手として全国中学校体育大会国体高校総体などに出場した。姉は全国中学校体育大会で種目別の優勝歴がある。高校2年の時にホリプロにスカウトされ、堀越高等学校に編入。1988年以降、榊原郁恵の後任として、舞台ピーター・パンタイトルロールダブルキャストで演じた。1992年には、アイドルグループ「Dio」を結成し、アニメ『ミラクル☆ガールズ』のエンディングテーマ「ふたりじゃなきゃだめなの」でデビュー。同作品には声優としても出演。1995年に妹の美智代が体調を崩して引退。富美代はその後も活動を続けたが、1997年にピーター・パンを降板。芸能界を引退した。

現在は千葉県で、新体操クラブ「ANGEL R.G. CLUB 」を姉妹で運営している[2]

出演編集

舞台編集

テレビドラマ編集

  • 裸の大将放浪記 第73話「清とサクランボ娘」(1995年5月7日、関西テレビ) - 桃子・桜子

テレビ番組編集

テレビアニメ編集

  • ミラクル☆ガールズ (1993年、日本テレビ) - エマイユ・ミルグレイン・ディアマス、初期の数回のみ

ディスコグラフィ編集

CD(「Dio」名義)編集

  • FASCINATION(1992年4月1日、ポニーキャニオン) FASCINATION(シルク・ドゥ・ソレイユ日本公演)イメージソング
  • ふたりじゃなきゃダメなの(1993年2月3日、同) 「ミラクル☆ガールズ」エンディングテーマ
  • 真珠の約束(1993年4月7日、同) 世界祝祭博覧会、通称まつり博みえ'94のテーマ曲

脚注編集

参考文献編集

  • 『明星』1988年1月号