本来の表記は「沢村凜」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

沢村 凛(さわむら りん、1963年7月5日[1] - )は、日本の小説家広島県広島市生まれ。広島県立広島国泰寺高等学校鳥取大学農学部獣医学科卒業。女性。

沢村 凛
(さわむら りん)
誕生 (1963-07-05) 1963年7月5日(56歳)
日本の旗 日本広島県広島市
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 鳥取大学農学部獣医学科卒業
活動期間 1992年 -
ジャンル ファンタジーSFミステリ
主な受賞歴 日本ファンタジーノベル大賞優秀賞(1998年)
デビュー作 『リフレイン』(1992年)
テンプレートを表示

経歴編集

幼少期より読書家だった母の影響で読書に親しむ。タウン誌の記者などを経て、1991年、『リフレイン』が第3回日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作となり、1992年、同作で作家デビュー。1998年、『ヤンのいた島』で第10回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞。2008年、「人事マン」で第61回日本推理作家協会賞(短編部門)候補[2]。2009年、「前世の因縁」で第62回日本推理作家協会賞(短編部門)候補[3]

作品リスト編集

小説編集

単著本編集

  • リフレイン(1992年2月 新潮社 / 2012年7月 角川文庫
  • ヤンのいた島(1998年12月 新潮社 / 2013年2月 角川文庫)
  • 瞳の中の大河(2003年7月 新潮社 / 2011年10月 角川文庫)
  • あやまち(2004年4月 講談社 / 2009年6月 講談社文庫
  • カタブツ(2004年7月 講談社 / 2008年7月 講談社文庫)
    • 収録作品:バクのみた夢 / 袋のカンガルー / 駅で待つ人 / とっさの場合 / マリッジブルー・マリングレー / 無言電話の向こう側
  • ぼくがぼくになるまで(2005年1月 学習研究社
  • さざなみ(2006年1月 講談社 / 2011年2月 講談社文庫)
  • きみときみの自転車(2006年5月 学習研究社)
  • 黄金の王 白銀の王(2007年10月 幻冬舎 / 2012年1月 角川文庫)
  • 千年の時をこえて(2007年11月 学習研究社)
  • 笑うヤシュ・クック・モ(2008年11月 双葉社
    • 【改題】夜明けの空を掘れ(2011年10月 双葉文庫
  • 千年の時を忘れて(2008年12月 学習研究社)
  • 脇役スタンド・バイ・ミー(2009年4月 新潮社 / 2013年3月 PHP文芸文庫
    • 収録作品:鳥類憧憬 / 迷ったときは / 聴覚の逆襲 / 裏土間 / 人事マン / 前世の因縁 / 脇役の不在
  • 千年の時の彼方に(2009年11月 学習研究社)
  • タソガレ(2010年11月 講談社 / 2014年2月 講談社文庫)
  • ディーセント・ワーク・ガーディアン(2012年1月 双葉社)
  • ぼくは〈眠りの町〉から旅に出た(2014年1月 KADOKAWA
  • 通り雨は〈世界〉をまたいで旅をする(2014年1月 KADOKAWA)
  • 猫が足りない(2014年9月 双葉社)

アンソロジー編集

  • 最後の恋(2005年12月 新潮社 / 2008年11月 新潮文庫)「スケジュール」
  • ザ・ベストミステリーズ 2008 推理小説年鑑(2008年7月 講談社)「人事マン」
    • 【分冊・改題】Play 推理遊戯 ミステリー傑作選(2011年4月 講談社文庫)
  • ザ・ベストミステリーズ 2009 推理小説年鑑(2009年7月 講談社)「前世の因縁」
    • 【分冊・改題】Bluff 騙し合いの夜 ミステリー傑作選(2012年4月 講談社文庫)

ノンフィクション編集

  • グァテマラゆらゆら滞在記(1997年7月 新潮社)

翻訳編集

  • 耳を立ててよくおきき ウサギじいさんの知恵(1999年7月 学習研究社)
  • パズルの迷宮(2005年11月 朝日出版社

脚注編集

  1. ^ 会員名簿 沢村凛|日本推理作家協会
  2. ^ 2008年 第61回 日本推理作家協会賞|日本推理作家協会
  3. ^ 2009年 第62回 日本推理作家協会賞|日本推理作家協会

外部リンク編集