河内春人

日本史学者

河内 春人(こうち はるひと、1970年[要出典] - )は、日本史学者。関東学院大学准教授。

略歴編集

東京都生まれ。1993年明治大学文学部卒業。2000年同大学院博士後期課程中退。2015年「東アジア交流史のなかの遣唐使」で博士(史学)[1]。大学兼任講師[2]関東学院大学経済学部准教授などを務める[3]。専門は日本古代史。

著書編集

論文編集

  • 河内春人「東アジアにおける安史の乱の影響と新羅征討計画」『日本歴史』第561号、吉川弘文館、1995年、 18-33頁、 ISSN 03869164
  • 河内春人「詔勅・処分にみる新羅観と新羅征討政策」『駿台史學』第108巻、明治大学史学地理学会、1999年、 (23)-(42)頁、 hdl:10291/1523ISSN 0562-5955
  • 河内春人「渤海と契丹・奚(史学会例会・シンポジウム「古代の日本と渤海」,史学会例会報告記事)」『史学雑誌』第110巻第11号、史学会、2001年、 2017頁、 doi:10.24471/shigaku.110.11_2017_2ISSN 0018-2478
  • 河内春人「唐から見たエミシ : 中国史料の分析を通して」『史学雑誌』第113巻第1号、史学会、2004年、 43-61頁、 doi:10.24471/shigaku.113.1_43ISSN 00182478
  • 河内春人「『新唐書』日本伝の成立」『東洋学報』第86巻第2号、東洋文庫、2004年、 185-215頁、 ISSN 0386-9067
  • 河内春人「入唐僧と海外情報」『専修大学社会知性開発研究センター東アジア世界史研究センター年報』第3巻、専修大学社会知性開発研究センター、2009年、 17-34頁、 doi:10.34360/00008570
  • 河内春人「西大寺出土イスラム陶器の流通」『明大アジア史論集』第18巻、明治大学東洋史談話会、2014年、 432-446頁、 hdl:10291/21631ISSN 2188-8140
  • 河内春人「古代東アジアにおける政治的流動性と人流」『専修大学社会知性開発研究センター古代東ユーラシア研究センター年報』第3巻、専修大学社会知性開発研究センター、2017年、 103-121頁、 doi:10.34360/00008258
  • 河内春人『東アジア交流史のなかの遣唐使』(論文)、明治大学〈博士(史学) 乙第522号〉、2015年。hdl:10291/19670
  • 河内春人「10~12世紀の東アジアにおける日宋貿易」『経済系:関東学院大学経済経営学会研究論集』第282巻、関東学院大学経済経営学会、2021年、 96-107頁、 ISSN 0287-0924

関連論文編集

  • 渡邊誠「年紀制に関する補説 : 河内春人・中村翼両氏の批判に対する回答を中心に<論説>」『史人』第6巻、広島大学大学院教育学研究科下向井研究室、2015年、 102-133頁、 doi:10.15027/42867

脚注編集

  1. ^ 博士論文.
  2. ^ 『倭の五王』著者紹介
  3. ^ 倭国の政変と東アジア 講師:関東学院大学准教授 河内春人 栄中日文化センター