メインメニューを開く

河野 金昇(こうの きんしょう、1910年 - 1958年3月29日)は、日本の政治家愛知県選出の衆議院議員海部俊樹の師匠として知られている。

経歴編集

幼少時に足を負傷し、治療が不十分であったために障害が残った。河野の親は、障害者となった息子を不憫に思い、兄弟の中で河野だけを大学に進学させてあげたという。1933年昭和8年)早稲田大学専門部を卒業する。その後、政治を志し、大学の先輩に当たる中野正剛の門下となるが、1943年(昭和18年)中野が東條英機内閣を「戦時宰相論」で批判すると、10月に東方会の同志共々、特高に検挙され中野は自刃するという悲運に見舞われた。

戦後、1946年(昭和21年)の第22回衆議院議員総選挙に無所属で立候補し、当選する。以後当選6回。1955年(昭和30年)の保守合同で、自由民主党三木派に参加。中野譲りの剛直で清廉潔白な正義感として知られ、自宅は、地元の一宮市の工場の2階を借り、終生借家住まいの代議士であった。大臣顕官には就かなかったが、清貧と情熱に惚れ込む支持者が多かったという。

1958年(昭和33年)3月29日に急死。妻・河野孝子が一期務め、その後、河野の秘書であった海部俊樹が跡を継いだ[1]

脚注編集

  1. ^ 『政治とカネ 海部俊樹回顧録』海部俊樹著 2010年 新潮社