メインメニューを開く

淡雪(あわゆき、泡雪)

  1. 春先のふわふわした消えやすい雪のこと。ぼたん雪、綿雪。春の季語。→
  2. 卵白を泡立ててつくったもの(メレンゲ)。またそれを利用した料理に冠する言葉。淡雪揚げ・淡雪蒸し・淡雪羹など。

以下では菓子の淡雪(淡雪羹)について説明する。


淡雪

淡雪(あわゆき)、淡雪羹(あわゆきかん)は、水を加えた寒天を火にかけて溶かし、砂糖を加えてしばらく煮詰めたものに、泡立てた卵白(メレンゲ)をあわせて固めた和菓子[1]羊羹の一種で、舌触りが溶けやすい春の雪に似ることからこの呼び名がある[2]

メレンゲを合わせる際に、荒熱を取らないと分離するため、人肌(ひとはだ)程度まで冷ますとよい。寒天の代わりにゼラチンを使えばマシュマロとなる。[要出典]

菓子の淡雪(あわ雪、阿わ雪)が名物である地域として、山口県下関市(松琴堂)、愛知県岡崎市備前屋)、広島県三次市などがある。松琴堂の「阿わ雪」は、棹もののほか大きな一枚もの、切り分けたものがある。幕末の慶応年間に創業した際の創製で、初代内閣総理大臣の伊藤博文が「春の淡雪を思わせる」として命名した[3]

備前屋の「あわ雪」は棹物菓子で、1869年(明治2年)に備前屋3代目により創製された。当時岡崎にあった「淡雪茶屋」の、絹ごし豆腐八丁味噌をかけた料理「淡雪豆腐」から着想したとされる[4]

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 本山荻舟 『飲食事典』 平凡社、1958年12月25日発行、22頁。
  2. ^ 山本候充編 『百菓辞典』 東京堂出版、1997年、15頁。
  3. ^ 山本候充編 『日本銘菓事典』 東京堂出版、2004年、213頁。
  4. ^ 山本候充編 『日本銘菓事典』 東京堂出版、2004年、137頁。

外部リンク編集