メインメニューを開く

洞沢 由美子(ほらざわ ゆみこ、1964年11月19日 - )は、日本の女性アニメーター漫画家

目次

来歴編集

東京都出身。学生時代に一旦漫画家を目指し漫画誌に投稿するも、中学卒業後はアニメーターを志し国際アニメーション研究所に進む。しかし授業内容や校風に対する考え方の違いからすぐに中退し、アニメーションスタジオ亜細亜堂に入社する。

1984年にフリーとなり『魔法の妖精ペルシャ』で初作画監督を務める。当時まだ19歳だったが、統一感の取れた流麗な人物描写で頭角を現し、『ぴえろ魔法少女シリーズ』のメインスタッフの一人となる。二十歳そこそこで菊池通隆の原画に全面修正を入れるなど天才肌とも言える徹底した仕事ぶりはフィルムにも際立って表れたが、ゆえに演出内容や作画水準を巡って衝突を繰り返し、1980年代末に漫画家に転身した。こうした経緯の一端は自作漫画の巻末などにも記されている。

漫画家転身後は主にオカルト・ホラー系の作品を中心に、草創期の「サスペリア」等で活動した。

夫はアニメーション監督演出家片山一良。よって本名は片山由美子となるが(『めぞん一刻』OP担当時はこのクレジット)、現在色彩設計で活躍している同姓同名の人物とは別人である。

主な参加作品編集

漫画編集

関連項目編集