メインメニューを開く

津堅 信之(つがた のぶゆき、1968年 - )は日本アニメーション研究者。

経歴編集

兵庫県尼崎市生まれ。近畿大学農学部卒。10年ほどの間、サラリーマン生活をした後、アニメーション研究者に進む。大阪芸術大学講師学習院大学大学院講師等を経て、2009年京都精華大学マンガ学部アニメーション学科准教授、2016年日本大学藝術学部映画学科講師。専門は日本アニメーション史

著書編集

  • 『日本アニメーションの力 85年の歴史を貫く2つの軸NTT出版、2004
  • 『アニメーション学入門』平凡社新書、2005
  • 『アニメ作家としての手塚治虫 その軌跡と本質』NTT出版、2007
  • 『日本初のアニメーション作家北山清太郎臨川書店〈ビジュアル文化シリーズ〉、2007
  • 『テレビアニメ夜明け前 知られざる関西圏アニメーション興亡史ナカニシヤ出版、2012 
  • 『日本のアニメは何がすごいのか 世界が惹かれた理由祥伝社新書、2014
  • 『ディズニーを目指した男 大川博 忘れられた創業者日本評論社、2016 
  • 『新版 アニメーション学入門』平凡社新書、2017
  • 新海誠の世界を旅する 光と色彩の魔術』平凡社新書、2019

共著編集

  • 『アニメ学』 高橋光輝共編著、NTT出版、2011

参考文献編集

外部リンク編集