津田 正(つだ ただし、1933年3月16日 - 2013年6月3日)は自治官僚。

概要編集

東京大学法学部卒業後に1955年に自治庁に入る[1]

自治省で地方債課長、企画課長、財政課長、財政担当審議官大臣官房長税務局長、財政局長を歴任[1][2]。財政畑だが、地方自治体出向時には企画開発に携わり、千葉県で京葉臨海工業地帯の造成、香川県では瀬戸大橋プランニングに関与した[3]。自治省財政局長時代には竹下内閣ふるさと創生事業に関わった[1]

1989年6月に自治事務次官に就任[1][2]1990年7月に退官した。

1990年8月から自治体国際化協会理事長を務める[1]1991年1月から長野オリンピック組織委員会事務総長に就任したが、1992年9月にクモ膜下出血で体調を崩したため、1993年3月に辞任している[1][4]

2013年6月3日、肺炎のため死去[5]。80歳没。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f “[顔] 長野冬季五輪組織委の事務総長に就任した 津田正さん”. 読売新聞. (1991年11月22日) 
  2. ^ a b 神一行 1990, p. 193.
  3. ^ 神一行 1990, pp. 193-194.
  4. ^ “事務総長に小林実氏 長野五輪委内定”. 朝日新聞. (1993年3月11日) 
  5. ^ 津田正氏が死去 元自治事務次官 日本経済新聞、2013年6月4日

参考文献編集

  • 神一行『自治官僚』講談社文庫、1990年。ISBN 9784061846876