自治事務次官

自治事務次官(じちじむじかん)とは国家公務員における官職及び役職の一つ。自治省(現総務省)の事務方のトップ。地方自治庁時代は地方自治次長、自治庁時代は自治次長であった。

目次

概要編集

戦前の次官会議における内務次官の席次は第二位であったが、戦後の事務次官等会議における自治事務次官の席次は、省としては末席の十二番目であった[1]

自治省は全国の地方自治体の監督省であったことから、退任後に都道府県知事選挙に立候補をする者も多く、当選して都道府県知事になる事例もある。また、旧内務省であることから、退任後に内閣官房副長官(事務)に就任する者もいる。

歴代自治事務次官編集

自治庁次長
自治事務次官(自治庁)
自治事務次官(自治省)

脚注編集

  1. ^ 神一行 『自治官僚』 講談社 p.125

関連項目編集

参考文献編集