メインメニューを開く
津軽承祐

津軽 承祐(つがる つぐとみ、天保9年2月23日1838年3月18日) - 安政2年7月28日1855年9月9日))は、陸奥弘前藩の世子。

略歴編集

津軽家一門津軽百助家の津軽順朝の長男として生まれる。幼名は武之助。字は厚卿廓堂。室は鶴姫。黒石藩最後の藩主である津軽承叙(朝澄)は実弟にあたる。本家弘前藩の第11代藩主津軽順承の仮養子となり、弘化4年(1847年)に元服して、正式に順承の婿養子となり、その偏諱を受けて承祐(ゆきとみ)と名乗る。嘉永6年(1853年)11月に従五位下・大隅守となり、安政元年(1854年)に従四位下に叙され、後継者として12代藩主になることを嘱望されたが、18歳で病没した。法号は有孝院殿。絵に才能があり、墨絵が残っている。

昭和29年(1954年)8月3日、菩提寺長勝寺の墓地移転で、地下7mの場所に茶殻が敷き詰められた座棺に土葬されており、自然ミイラ化(死蝋)した状態で発見された。空気に触れたためか徐々に腐敗が進行したので、防腐処理を施され長勝寺に安置され、ミイラの学術的な調査も行われた。推定身長160cm、体重48kg。平成7年(1995年)5月20日、津軽家よりの要請で火葬にされ、再び埋葬された。なお、副装品の絹麻の帷子、筆、硯などは長勝寺に引き続き収蔵されている。

略系図編集

津軽信政弘4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
信壽弘5寿世黒(4)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
信興著高黒(5)
 
 
 
=朝儀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
信著弘6寧親黒(6),弘9
 
 
 
朝定
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
信寧弘7信順弘10典暁黒(7)順朝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
信明弘8
 
 
 
親足黒(8)1承祐※a承叙※b
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
順徳黒2順承弘11承保黒3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
承祐※a承昭弘12承叙黒4※b
 
 
 
 
 
 
 
  • 実線は実子、点線は養子を示す。
  • すべての人物を掲載してはおらず、また兄弟・姉妹の順に配列してはいない。
  • ※印は、同じ英字を付した人物が同一人物であることを示す。
  • 「弘」を付した数字は弘前藩主代数、「黒」を付した数字は黒石藩主代数(( )内はは旗本としての代数)を示す。

外部リンク編集