洪 仙玉(ホン・ソンオク、朝鮮語: 홍선옥1950年3月28日 - )は、朝鮮民主主義人民共和国女性政治家朝鮮労働党中央委員会委員、朝鮮社会主義女性同盟中央委員会副委員長、朝鮮対外文化連絡協会副委員長、朝鮮日本軍慰安婦及び強勢連行被害者保障対策委員会委員長、朝鮮半島の平和と自主統一のための北、南、海外の諸政党、団体、個別人士の連席会議北側準備委員会副委員長、6・15共同宣言実践のための南北海外共同行事準備委員会委員、最高人民会議代議員。最高人民会議副議長、従軍慰安婦・太平洋被害者補償対策委員会委員長、日本の過去の清算を求める国際連帯協議会朝鮮委員長、朝鮮-中国親善協会親善協会中央委員会副委員長などを歴任。政務院副総理を務めたホン・ウォンギルの長女[1]

洪仙玉
홍선옥
生年月日 (1950-03-28) 1950年3月28日(72歳)
出身校 金日成総合大学、国際関係大学
所属政党 朝鮮労働党の旗 朝鮮労働党

当選回数 3回
在任期間 2003年8月 - 2019年3月
最高指導者 金日成1948年 - 1994年
金正日(1994年 - 2011年

その他の職歴
朝鮮民主主義人民共和国の旗 最高人民会議副議長
2009年4月 - 2014年
朝鮮民主主義人民共和国の旗 最高人民会議常任委員会書記長
2013年4月 - 2018年4月
朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮対外文化連絡協会副委員長
1999年7月 - )
朝鮮労働党の旗 朝鮮労働党中央委員会委員
2016年5月 - )
テンプレートを表示
洪仙玉
各種表記
ハングル 홍선옥
漢字 洪仙玉
発音 ホン・ソノク
英語表記: Hong Son-ok
テンプレートを表示

経歴編集

1950年平安北道で生まれた。金日成総合大学、国際関係大学卒業。1998年朝鮮民主女性同盟委員長に就任した。1990年朝鮮対外文化連絡協会副委員長、朝鮮-中国親善協会中央委員会副委員長、朝鮮-オーストリア親善協会委員長に就任した。2000年従軍慰安婦・太平洋被害者補償対策委員会委員長に就任した。同年6月に韓国の金大中大統領と北朝鮮の金正日国防委員長朝鮮労働党総書記)が南北首脳会談を行った際には、大統領夫人の李姫鎬と会談した[1]

2001年に朝鮮-スウェーデン親善協会委員長、2002年に朝鮮-スイス親善協会委員長、朝鮮-ドイツ親善協会委員長に就任した。2003年に朝鮮日本軍慰安婦及び強勢連行被害者保障対策委員会委員長に就任し、最高人民会議第11期代議員に選出された。2005年日本の過去の清算を求める国際連帯協議会朝鮮委員長に就任した。2007年韓国ソウル特別市で開催された第8回日本軍「慰安婦」問題アジア連帯会議に出席するため韓国を訪問し、4・19革命犠牲者の墓地を参拝した[2]2009年に最高人民会議第12期副議長に選出され[3]2013年には最高人民会議常任委員会書記長に選出された。

2016年5月6日に開催された朝鮮労働党第7次大会朝鮮労働党中央委員会委員に選出された。同年7月には朝鮮半島の平和と自主統一のための北、南、海外の諸政党、団体、個別人士の連席会議北側準備委員会副委員長に就任した。

脚注編集

  1. ^ a b 첫 ‘민족공조’는 대일 배상금 週刊東亜 2005年7月6日日
  2. ^ 北朝鮮関係者が4・19民主墓地を初めて参拝 聯合ニュース 2007年5月19日
  3. ^ 남북경협, 이젠 정치논리로? 민경협 5년만에 폐지 東亜日報 2009年4月10日

参考サイト編集

   朝鮮民主主義人民共和国
先代:
太炯哲
最高人民会議常任委員会書記長
2013年 - 2018年
次代:
鄭英国