メインメニューを開く

顕子女王(あきこじょおう、寛永17年2月13日1640年4月4日)- 延宝4年8月5日1676年9月12日))は、江戸幕府第4代将軍徳川家綱御台所(正室)。伏見宮貞清親王の第三王女。幼称は浅宮(あさのみや)。法名高巌院(こうげんいん)。後に第8代将軍となる徳川吉宗がまだ紀州藩第5代藩主だったころに御簾中に迎えた理子女王の伯母にあたる。

顕子女王
身位 女王
配偶者 徳川家綱
父親 伏見宮貞清親王
テンプレートを表示

明暦3年(1657年)に家綱と婚姻して江戸城西御丸へ入り。万治2年(1659年)9月5日に本丸大奥に入り御台所を称した。延宝元年(1673年)従三位

延宝4年(1676年)に乳癌を発症、医師による触診を拒否し、同年8月5日に37歳で薨去。東叡山寛永寺に葬られる。戒名は高厳院殿月潤円真大姉。家綱との間に子はなかった。

延宝5年(1677年)8月2日、従一位が追贈された。

参考文献編集

  • 「幕府祚胤伝」(『徳川諸家系譜』第2巻、続群書類従完成会)