浪花落語反対派(なにわらくごはんたいは)とは、明治から昭和初期まで存在した上方落語の一派。

概要・歴史編集

1910年桂派一派の総帥だった3代目桂文枝が他界したことで、桂派は衰退。この機会を捉え、上本町にあった富貴席主の岡田政太郎は、寄席の入場料を値下げし、誰でも気楽に楽しめる色物(軽口物まね剣舞曲芸義太夫、女講談等)を中心にした「反対派」(岡田興業部)を旗揚げし、従来の桂派、三友派などと競い合った。
しかし、1920年、岡田政太郎が死去すると共に衰退に向かい、1921年、実子で2代目富貴席主の岡田政雄のもと、同じく非主流派で天満の第二文藝館を本拠とした花月派(吉本興行部)と業務提携(事実上、吸収合併)し、消滅した。

その他諸派編集

江戸編集

上方編集

関連項目編集

  • わろてんか - 2017年度下期NHK連続テレビ小説。僧侶から転身した上方演芸界の勧進元、寺ギン(演・兵動大樹)が率いる「オチャラケ派」は「浪花落語反対派」をオマージュしているとされる [1]

脚注編集

  1. ^ あの噺家は誰だ?『わろてんか』の実在のモデルを推理してみた ismedia、2018年1月2日、2019年12月5日閲覧

出典編集