メインメニューを開く

海野 恒男(うんの つねお、1931年 - 2000年10月30日)は、日本の経済官僚エコノミスト経済企画庁物価局長、国民生活局長、総合計画局長、経済企画審議官等を歴任した。

人物編集

静岡県生まれ。一橋大学経済学部卒業後、経済企画庁計画局計画一課に入り、大来佐武郎(計画局長)、大田亮一(計画一課長)の部下として働く。後に当時の課員であった宮崎勇(元経済企画庁長官)、新藤稔(元国際証券顧問)らとともに「大田会」と称して、毎年忘年会を開くようになる[1]

1970年から1971年まで第3次佐藤内閣佐藤一郎経済企画庁長官事務秘書官を務めた。その後、第3次佐藤内閣の事務秘書官仲間で「さんさ会」を結成し、会合を重ねる。メンバーの中では、大高時男(元内閣情報調査室室長)、井嶋一友(元最高裁判所裁判官)と特に親しく、ともにゴルフに行くこともあった[2]。「さんさ会」のほかのメンバーには、吉原健二(元厚生事務次官)、山田勝久 (元防衛庁装備局長)、福島譲二(元熊本県知事)、中村徹(元運輸事務次官)、望月三郎(元労働省労働基準局長)らがいる[3]

その後調整局調整課長として、経済見通しと経済運営の基本的態度(政府経済見通し)の原案作りと調整を担当[4]

1984年には、総理大臣中曽根康弘の指示で、国務大臣河本敏夫の下、急遽設置された特命事項担当室の室長に就任し、対外経済摩擦への対応、民間活力導入の具体策検討業務にあたった[5]

1989年に次官級の審議官である経済企画審議官を務めた後、退官。1990年には春の園遊会に招待された[6]

略歴編集

脚注編集

  1. ^ 日本経済新聞1990年6月12日
  2. ^ 日経金融新聞1998年2月10日
  3. ^ 日本経済新聞1996年6月3日
  4. ^ 日本経済新聞1981年12月20日
  5. ^ 日本経済新聞1984年11月22日
  6. ^ 朝日新聞1990年5月16日