メインメニューを開く

消費・安全局(しょうひ・あんぜんきょく)は、農林水産省内部部局の一つ。食品に係る消費者の保護及び食品の安全性の向上、表示規格農林水産物の生産過程のリスク管理、土壌汚染防止、流通監視などの役割を担っている。

日本の旗 日本の行政官庁
消費・安全局
組織
上部組織 農林水産省
下部組織 総務課
消費者行政・食育課
食品安全政策課
農産安全管理課
畜水産安全管理課
植物防疫課
動物衛生課
概要
所在地 100-8950
東京都千代田区霞が関1-2-1
設置 2003年7月1日
ウェブサイト
消費・安全局
テンプレートを表示

2001年のBSE感染牛、食肉偽装事件、無登録農薬使用問題などを受け、食品の安全を確保するため、食品のリスク管理を担当する部署として2003年7月に新設された[1]

組織編集

  • 局長
    • 総務課
    • 消費者行政・食育課
    • 食品安全政策課
    • 農産安全管理課
    • 畜水産安全管理課
    • 植物防疫課
    • 動物衛生課

(『e-Gov 電子政府の総合窓口より[2]

関連項目編集

脚注編集

参考文献編集

  • 公式ウェブサイト(外部リンクを参照)

外部リンク編集