メインメニューを開く

混合農業(こんごうのうぎょう)とは、家畜飼育と作物栽培を組み合わせた農業ヨーロッパ中緯度地域の農業の基本形態である。三圃式農業が発展したもので小麦ライ麦などの食用穀物と燕麦トウモロコシ、根菜類などの飼料作物を栽培し、などの肉用家畜や鶏などの家禽の飼育、販売も同時に目指す農業である。 混合農業は、自給的混合農業と商業的混合農業に分けられる。前者は自家用穀物栽培の比重が高く、商品化される畜産物の比重が軽い農業で、飼料作物栽培の比重が低い。後者は飼料作物栽培の比重が高く、畜産物の販売に重点を置き、機械・肥料などを積極的に利用し、合理的な経営を展開している。

特徴編集

分布地域編集

自給的混合農業は、ロシアウクライナバルカン半島などに展開している。
商業的混合農業は、西ヨーロッパ、アメリカのコーンベルト、アルゼンチンパンパに見られる。

関連項目編集