清原枝賢
時代 戦国時代
生誕 永正17年(1520年
死没 天正18年11月15日1590年12月11日[1]
改名 頼賢→枝賢
別名 法名:道白
官位 正三位宮内卿
主君 正親町天皇
氏族 広澄流清原氏
父母 清原業賢(良雄)、大宮時元
兄弟 (僧)日信、(僧)尊信、平野長治、千秋刑部大輔室、今中越中守室
不詳
国賢など
テンプレートを表示

清原 枝賢(きよはら の えだかた/しげかた)は、戦国時代から安土桃山時代の儒者。明経博士。初名は頼賢、法名は道白。

経歴編集

清原良雄の子。清原国賢清原マリアの父。清原宣賢の孫にあたる。

天正13年(1585年)には関白宣下を受けた豊臣秀吉のために、朝廷官職制度の難解な解説書「職原抄」をより平易にした「百官和秘抄[2]」を著す[3]

官職・位階編集

公卿補任』による。

系譜編集

続群書類従「清原系図」による。

脚注編集

  1. ^ 日本人名大辞典+Plus, デジタル版. “清原枝賢とは” (日本語). コトバンク. 2021年8月4日閲覧。
  2. ^ 百官和秘抄 / 清原枝賢 [撰]”. www.wul.waseda.ac.jp. 2021年8月4日閲覧。
  3. ^ 小川岡生『『百寮訓要抄』伝本考・附校本』国文学研究資料館、105,108,112。

参考文献編集

塙保己一 , ed (1985). 群書系図部集 6. 太田藤四郎. 続群書類従完成会. p. 427-428, 435-436 

外部リンク編集