清水エル・エヌ・ジー株式会社(しみずエル・エヌ・ジー、英文社名:SHIMIZU LNG CO.,LTD.)は、静岡県静岡市清水区において液化天然ガス (LNG) 受け入れ基地である袖師基地を管理する企業である。東燃ゼネラル石油(現・JXTGエネルギー)、清水工場(製油所)跡地を利用して建設された。LNGは、パイプラインで親会社の静岡ガスへ、あるいはタンクローリーで周囲の都市ガス会社へ出荷される。

清水エル・エヌ・ジー株式会社
SHIMIZU LNG CO.,LTD.
種類 株式会社
略称 清水LNG
本社所在地 日本の旗 日本
424-0037
静岡県静岡市清水区袖師町1900番地
設立 1992年(平成4年)8月25日
業種 倉庫・運輸関連業
法人番号 2080001008140 ウィキデータを編集
事業内容 液化天然ガスの輸入・貯蔵・販売
代表者 代表取締役社長 宮村惣三郎
資本金 30億円
従業員数 43人(2006年4月1日現在)
決算期 12月
主要株主 静岡ガス 65%
JXTGエネルギー 35%
外部リンク www.shizuokagas.co.jp/lng
テンプレートを表示

沿革編集

  • 1992年(平成4年)8月25日 - 清水エル・エヌ・ジー株式会社設立。
  • 1993年(平成5年)4月 - 袖師基地第1期建設工事開始、第1号LNGタンク着工。
  • 1996年(平成8年)4月 - 第1号LNGタンク竣工。
    • 6月 - マレーシアからLNG受入開始、LNG第1船入港。
    • 7月 - 営業開始、袖師基地より都市ガス13A送出開始(標準熱量46MJ)。
  • 1997年(平成9年)9月 - 第2期建設工事開始、第2号LNGタンク着工。
  • 1999年(平成11年)6月 - ISO 14001認証取得。
  • 2001年(平成13年)1月 - 第2号LNGタンク竣工。
    • 7月 - LNG受入量合計100万トン達成。
  • 2003年(平成15年)12月 - LNG第50船入港。
  • 2004年(平成16年)7月 - LNG受入量合計200万トン達成。
  • 2005年(平成17年)5月 - オーストラリアからLNG受入開始。
    • 9月 - 供給ガス標準熱量を45MJに変更。
  • 2006年(平成18年)4月 - 第3期増設工事開始、第3号LNGタンク着工。