メインメニューを開く

清水 啓典(しみず よしのり、1948年 - )は日本の経済学者

一橋大学時代は宮澤健一に、シカゴ大学時代はミルトン・フリードマンに師事。日本に帰国後は一橋大学に勤務。同大学商学部長、副学長などを歴任。2004年からは、日本金融学会会長も務めた。専門分野は経済理論、財政学・金融論。

伊藤隆敏東大教授伊藤元重東大教授林文夫一橋大教授らとともに日本の金融システム再建のための緊急提言を行うなど、様々な提言を行っている。

シカゴ大学時代の同級生に野村ホールディングス会長などを務めた氏家純一がいる。

目次

経歴編集

著書編集

自著 編集

  • 「マクロ経済学の進歩と金融政策」(有斐閣・1997年)

共著編集

  • 「現代日本の金融政策」(東洋経済新報社・1992年)(共著)
  • 「日本の金融経済」(有斐閣・1995年)(共著)
  • 「日本の金融危機~米国の経験と日本への教訓」(東洋経済新報社・2001年)(監訳・著)

脚注編集

  1. ^ [1] 「尾道法人会が新年研修会 | FMおのみちWeb - エフエムおのみち www.fmo.co.jp › 2016/02」エフエムおのみち
  2. ^ 「昭和48年度 学位授与・単位修得論文」一橋研究

出典編集


先代:
千田純一
日本金融学会会長
第10代:2004年 - 2008年
次代:
筒井義郎