清泰寺(せいたいじ)は、岐阜県美濃市殿町にある臨済宗妙心寺派東海派)の特例地寺院。山号は安住山。釈迦如来を本尊とする。武儀郡における臨済宗妙心寺派の巨刹で、40以上の末寺がある。仙厓義梵が出家した寺でもある。中濃八十八ヶ所39番札所。

清泰寺
所在地 岐阜県美濃市殿町1439-1
山号 安住山
宗派 臨済宗妙心寺
本尊 釈迦如来
創建年 永禄6年(1563年)
開基 佐藤清信
中興年 慶長10年(1605年)
中興 金森長近
正式名 安住山淸泰禪寺
札所等 中濃八十八ヶ所39番札所
法人番号 5200005007742 ウィキデータを編集
テンプレートを表示

歴史編集

永禄6年(1563年)に鉈尾山城佐藤清信が佐藤家の菩提寺として大圭紹琢を開山に招き、美濃市下渡付近に阿育山保寧寺として建立。文禄元年(1592年)に佐藤秀方伽藍を整備し、名称を泰岑山以安寺と改称する。その後関ケ原の戦いがあり佐藤氏が滅亡して領主となった小倉山城主金森長近が慶長10年(1605年)に現在地に移転、自らの法名に因み安住山清泰寺と改めてその菩提寺とした。後に金森家は継嗣を欠き断絶するが、江戸時代を通じて妙心寺派の大寺として多くの末寺を持ち繁栄した。

清泰寺庭園は金森宗和の作庭とされ、昭和44年(1969年)に美濃市名勝に指定されている。領主であった佐藤氏歴代、金森氏歴代の墓があり、寺内に金森長近を祀る金森大明神がある。

参考文献編集

  • 『新版禅学大辞典』 大修館書店
  • 『美濃市史』