メインメニューを開く

渋谷エピキュラス渋谷区桜丘町8-27にあったヤマハ音楽振興会レコーディングスタジオ兼ミニライブ会場

建物の外観
建物の内部

概要編集

1975年2月ボウリング場跡地に開設。その立地条件から「崖の上のヤマハ」と呼ばれた。

主にヤマハ音楽振興会所属アーチストのレコーディングやミニコンサート会場として使われた。

1995年10月にヤマハ音楽振興会から株式会社エピキュラスが独立し、エピキュラス・スタジオは桜丘から目黒のヤマハ音楽振興会地下に移転した。桜丘の跡地はヤマハエレクトーンシティ渋谷として使われるようになった。

そのエピキュラス・スタジオも2009年9月30日をもって営業を終了した。

残ったヤマハエレクトーンシティ渋谷も、渋谷駅桜丘口地区の再開発に伴い、2018年2月16日をもって目黒のヤマハ音楽振興会1Fに移転し、近日中に建物は取り壊しの予定である。

主なレコーディング作品編集

主なコンサート編集