メインメニューを開く

桜丘町 (渋谷区)

東京都渋谷区の町名

地理編集

渋谷駅のすぐ南に位置する。

かつては住宅 (戸建)個人商店が多かったが、1980年代に入るとマンションが増え始めた。さらには1964年東京オリンピックに伴い国道246号(玉川通り)、その上部に首都高速3号渋谷線が開通し、オフィスビル飲食店をはじめとした商業地化が進んできている。

渋谷駅から歩道橋を渡った所に、さくら通り(都市計画道路補助線街路第50号線)と呼ばれる桜並木の坂道があり、毎年の季節になると通行人の目を楽しませている。

2006年には「渋谷さくらフェスタ2006」が開催された。

また、町内には渋谷インフォスタワーセルリアンタワー渋谷区文化総合センター大和田などがあり、渋谷の新たなIT拠点ともなっている。

2023年度の完成を目指して、2.6ヘクタールに及ぶ大規模再開発が行われており、さらに、さくら通りを含む隣接エリア2.1ヘクタールの再開発事業も予定されている[4]

歴史編集

桜丘町の行事・イベント編集

  • さくら祭り - 3月
  • 七夕祭り - 7月
  • 桜丘秋祭り - 9月

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

町丁 世帯数 人口
桜丘町 1,265世帯 1,882人

小・中学校の学区編集

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

番地 小学校 中学校 調整区域による変更可能校
全域 渋谷区立神南小学校 渋谷区立松濤中学校 渋谷区立猿楽小学校
渋谷区立鉢山中学校

施設編集

映像の中の桜丘町編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 住民基本台帳・外国人登録による人口”. 渋谷区 (2017年12月1日). 2017年12月22日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2019年8月30日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月22日閲覧。
  4. ^ 渋谷・桜丘で新たな大規模再開発 事業化に向け東急不動産ら協定締結 シブヤ経済新聞 2018年12月19日
  5. ^ 通学区域”. 渋谷区. 2017年12月22日閲覧。

外部リンク編集