渡辺 基綱(わたなべ もとつな)は、江戸時代前期から中期にかけての大名武蔵国野本藩3代・和泉国大庭寺藩/伯太藩の初代藩主。伯太藩渡辺家3代。

 
渡辺 基綱
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛文5年(1665年
死没 享保13年7月19日1728年8月24日
墓所 東京都台東区池之端の忠綱寺
官位 従五位下備中守
幕府 江戸幕府
主君 徳川綱吉家宣家継吉宗
武蔵野本藩主→和泉大庭寺藩/伯太藩
氏族 三河渡辺氏
父母 父:渡辺長綱、母:石河正光
養父:渡辺方綱
兄弟 基綱定綱
正室:渡辺方綱の娘
登綱山口弘長(三男)、娘(戸田光言正室)、娘(志水忠梁室、のち酒井忠雄継々室)、娘(長谷川勝清正室)、娘(高木允貞室)など
テンプレートを表示

略歴編集

寛文5年(1665年)、尾張藩重臣・渡辺藤蔵長綱[1]の子として誕生した。

延宝8年(1680年)、従兄にあたる渡辺方綱婿養子となり家督を相続し、元禄11年(1698年)に大庭寺藩主となる。享保12年(1727年)4月18日、伯太に陣屋を移した(以後は伯太藩)。玉造口定番、大坂定番などを務めたが、大坂定番在任中の享保13年(1728年)7月19日に死去した。享年64。跡を長男の登綱が継いだ。

性格は温厚で、領地に善政を布いていたことから、「善将」と称された名君である。

脚注編集

  1. ^ 尾張徳川家家老渡辺重綱の七男。