メインメニューを開く

渡辺 武(わたなべ たけし、1915年大正4年)3月24日 - 2005年平成17年)10月4日)は、日本政治家経済学者日本共産党参議院議員静岡県沼津市出身。

1941年昭和16年)九州帝国大学法文学部経済学科を卒業する。福岡経済専門学校(後の福岡大学)教授を務めた後、1946年(昭和21年)日本共産党に入党。党中央委員、中央委員会経済調査部長、経済政策委員会責任者などを歴任。

1968年(昭和43年)第8回参議院議員通常選挙で全国区から立候補し当選する。当選回数2回。党参議院国会対策委員長などを務めた。

2005年(平成17年)10月4日多臓器不全のため死去。90歳[1]

著書編集

  • 『戦後日本資本主義と日米経済関係』新日本出版社 1968年
  • 『ドイツ大インフレーション その政治と経済』大月書店 1989年

脚注編集