メインメニューを開く

渡辺 治(わたなべ おさむ、1947年[1] - )は、日本の政治学者一橋大学名誉教授。専攻は、政治学日本政治史[1]九条の会事務局員。元民主主義科学者協会法律部会理事[2]

目次

略歴編集

東京都生まれ[1]1972年東京大学法学部政卒業後[1]1973年東京大学社会科学研究所助手[1]1979年東京大学社会科学研究所助教授[1]1990年から2010年一橋大学大学院社会学研究科教授[1]。その後一橋大学名誉教授[3]2011年から2014年日本民主法律家協会理事長[3]

九条の会」の事務局員を務めている[4]

著作編集

単著編集

  • 『日本国憲法「改正」史』(日本評論社、1987年)
  • 『憲法はどう生きてきたか――平和と自由を求めた40年』(岩波書店岩波ブックレット]、1987年)
  • 『現代日本の支配構造分析――基軸と周辺』(花伝社、1988年)
  • 『戦後政治史の中の天皇制』(青木書店、1990年)
  • 『「豊かな社会」日本の構造』(労働旬報社、1990年)
  • 『企業支配と国家』(青木書店、1991年)
  • 『90年代改憲を読む』(労働旬報社、1994年)
  • 『政治改革と憲法改正――中曽根康弘から小沢一郎へ』(青木書店、1994年)
  • 『現代日本の政治を読む』(かもがわ出版[かもがわブックレット]、1995年)
  • 『講座現代日本(1)現代日本の帝国主義化・形成と構造』(大月書店、1996年)
  • 『現代日本の大国化は何をめざすか――憲法の試される時代』(岩波書店[岩波ブックレット]、1997年)
  • 『日本とはどういう国か どこへ向かって行くのか――「改革」の時代・日本の構造分析』(教育史料出版会、1998年)
  • 『企業社会・日本はどこへ行くのか――「再編」の時代・日本の社会分析』(教育史料出版会、1999年)
  • 『憲法「改正」は何をめざすか』(岩波書店[岩波ブックレット]、2001年)
  • 『日本の大国化とネオ・ナショナリズムの形成――天皇制ナショナリズムの模索と隘路』(桜井書店、2001年)
  • 『「構造改革」で日本は幸せになるのか?――「構造改革」に対する「新しい福祉国家」への道』(萌文社、2001年)
  • 『憲法、「改正」――軍事大国化・構造改革から改憲へ』(旬報社、2005年/増補版、2005年)
  • 『構造改革政治の時代――小泉政権論』(花伝社、2005年)
  • 『安倍政権論――新自由主義から新保守主義へ』(旬報社、2007年)
  • 『憲法9条と25条・その力と可能性』(かもがわ出版、2009年)

共著編集

編著編集

  • 『現代日本社会論――戦後史から現在を読む30章』(労働旬報社、1996年)
  • 『憲法「改正」の争点――資料で読む改憲論の歴史』(旬報社、2002年)
  • 『変貌する<企業社会>日本』(旬報社, 2004年)
  • 『日本の時代史 (27) 高度成長と企業社会』(吉川弘文館、2004年)

共編著編集

訳書編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 日本の大国化とネオナショナリズム
  2. ^ 民主主義科学者協会法律部会役員名簿・第20期(2002秋~2005秋)
  3. ^ a b 現代史の中の安倍政権
  4. ^ 九条の会東京連絡会

関連項目編集

外部リンク編集