三輪 隆(みわ たかし、1969年12月1日 - )は、千葉県柏市出身の元プロ野球選手捕手、右投右打)、コーチ。現在はオリックス・バファローズの育成コーチを務めている。

三輪 隆
オリックス・バファローズ コーチ #70
T miwa20140525.jpg
楽天コーチ時代
(2014年、明治神宮野球場にて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県柏市
生年月日 (1969-12-01) 1969年12月1日(47歳)
身長
体重
179 cm
81 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1993年 ドラフト2位
初出場 1994年6月23日
最終出場 2004年9月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本
五輪 1992年
オリンピック
男子 野球
1992 野球

目次

経歴編集

プロ入り前編集

関東一高では、控え捕手として1986年春の選抜に出場するが、1回戦で中村良二らのいた天理高に敗退[1]。 翌1987年春の選抜に正捕手として連続出場。エース平子浩之(東洋大日本通運)の好投もあって勝ち進み、準決勝で池田高を降し決勝に進出。立浪和義主将として率いるPL学園と対戦するが、野村弘橋本清の継投に抑えられ大敗、準優勝にとどまる[1]。この大会では四番打者として2本塁打を放った。 同年夏の甲子園東東京予選では準々決勝で修徳高に敗退。1年下のチームメートに二塁手鈴木浩文がいた。

明治大学に進学。東京六大学リーグでは優勝に届かなかったが、リーグ通算70試合出場、254打数75安打、打率.295、7本塁打、41打点を記録、ベストナインに3回選出された。日米大学野球選手権大会日本代表2回、1991年インターコンチネンタルカップ日本代表。

卒業後は神戸製鋼に進む。1992年バルセロナオリンピック野球日本代表に選出され、後に同僚となる大島公一らと共に銅メダルを獲得。この結果を称え千葉県知事賞を受賞した。同年から2年連続で都市対抗に出場、1993年のインターコンチネンタルカップ日本代表にも選出される。 社会人屈指の捕手として、ドラフト会議オリックス・ブルーウェーブから2位で指名を受けプロ入りを果たした。

プロ入り後編集

入団当初は高田誠中嶋聡の控えに回るが、ヤクルトスワローズとの1995年の日本シリーズ第4戦(明治神宮野球場)、読売ジャイアンツとの1996年の日本シリーズ第4戦(本拠地・グリーンスタジアム神戸)では仰木彬監督からの指名で先発マスクを被る。

1997年には正捕手の座を獲得し73試合に先発出場する。

1998年プロ野球脱税事件で懲役1年、執行猶予3年、罰金500万円の有罪判決を受け、開幕から1ヶ月以上の出場停止処分を科された。同年からは日高剛と併用され、2000年以降は段々と出場機会が減る。

2003年にはオールスターゲームに出場を果たす。これが現役中唯一のオールスターゲーム出場であった。同年は自身最多の8本塁打を放つなど打撃面で好成績を残し、規定打席未満ながら打率3割をマークした。同年7月28日のダイエー17回戦(福岡ドーム)では、26日、27日の同カード2日間に先発し22失点した日高に代わり先発スタメンを任されたが、1回裏に11失点するなど6回まで26失点して記録的大敗を喫してしまった。

2004年には選手会長となり、プロ野球再編問題で球団合併に反対、同年終了を以って現役引退した。

現役引退後編集

その後はオリックス・バファローズでコーチ業をスタート。2005年から2006年まで一軍バッテリーコーチ、2007年から2008年まで二軍バッテリーコーチ。2009年からは再び一軍バッテリーコーチを務めていたが、2010年4月8日に投手陣の不振の責任を取らされる形で二軍バッテリーコーチに降格となり[2]、同年自身の希望により退団した[3]

2011年からは東北楽天ゴールデンイーグルス一軍バッテリーコーチに就任し、他球団のユニフォームに初めて袖を通す。田中将大のお目付け役としての役割を務め、2013年のリーグ優勝・日本一に貢献。

2014年10月14日にコーチ契約を更新しないことが球団から発表された[4]が、翌2015年には、球団に在籍したままアマ・スカウト(関西地区担当スカウト)を務めた[5]

2015年10月13日付で楽天を退団[6]同月15日に、オリックスの一軍バッテリーコーチに復帰した[7]

2016年4月28日に二軍育成コーチに異動となった。9月26日第1回WBSC U-23ワールドカップの日本代表コーチを務めることが発表された[8]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1994 オリックス 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1995 49 134 114 15 28 8 1 1 41 17 0 1 4 3 12 0 1 19 2 .246 .315 .360 .675
1996 29 47 40 3 5 0 0 0 5 1 0 0 3 0 4 0 0 7 0 .125 .205 .125 .330
1997 86 259 219 17 47 8 0 1 58 18 0 2 22 4 11 1 3 35 8 .215 .257 .265 .522
1998 77 213 186 16 43 5 2 2 58 13 1 2 11 2 12 0 2 21 5 .231 .282 .312 .594
1999 85 233 198 15 46 13 1 2 67 24 1 3 14 2 13 0 6 25 1 .232 .297 .338 .635
2000 74 170 143 11 26 4 0 2 36 7 1 0 13 1 11 0 2 23 5 .182 .248 .252 .500
2001 31 67 63 6 12 1 0 0 13 3 0 0 3 0 1 0 0 7 1 .190 .203 .206 .409
2002 65 141 125 9 23 5 0 2 34 8 1 1 10 1 3 0 2 14 4 .184 .214 .272 .486
2003 60 141 133 19 41 5 0 8 70 17 0 0 4 0 2 0 2 17 5 .308 .328 .526 .854
2004 27 55 49 4 11 4 0 0 15 7 0 0 3 0 3 0 0 9 2 .224 .269 .306 .575
通算:11年 584 1461 1271 115 282 53 4 18 397 115 4 9 87 13 72 1 8 177 33 .222 .265 .312 .577

年度別守備成績編集


捕手
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 捕逸 守備率 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
1995 47 30 21 9 .300
1996 24 19 14 5 .263
1997 86 444 46 0 9 4 1.000 72 48 24 .333
1998 77 423 42 2 5 4 .996 53 35 18 .340
1999 83 48 30 18 .208
2000 72 36 23 13 .361
2001 31 13 9 4 .308
2002 59 39 28 11 .282
2003 50 46 34 12 .261
2004 10 4 4 0 .300
通算 539 360 246 114 .317

表彰編集

  • 千葉県知事賞(1992年):バルセロナ五輪野球日本代表メンバーとしての銅メダル獲得を称えて

記録編集

背番号編集

  • 39 (1994年 - 1998年)
  • 2 (1999年 - 2004年)
  • 82 (2005年 - 2010年)
  • 70 (2011年 - 2014年、2016年 - )

代表歴編集

コーチ歴編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ オリックスがバッテリーコーチ入れ替え”. 日刊スポーツ (2010年4月8日). 2011年11月29日閲覧。
  3. ^ コーチ退団のお知らせ”. オリックス・バファローズ (2010年10月27日). 2011年11月29日閲覧。
  4. ^ 来季のコーチ契約に関して楽天球団公式サイト2014年10月14日配信
  5. ^ <楽天>三輪スカウト退団”. 河北新報 (2015年10月14日). 2015年10月15日閲覧。
  6. ^ スタッフ退団のお知らせ”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2015年10月13日). 2015年10月15日閲覧。
  7. ^ オリ来季コーチ陣 1軍は準総取っ替え デイリースポーツ 2015年10月15日閲覧
  8. ^ 侍ジャパンU-23代表の監督・コーチが決定 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2016年9月26日) 2016年10月2日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集