港徹雄

日本の国際政治経済学者

港 徹雄(みなと てつお、1945年昭和20年〉9月[1] - )は、日本国際政治経済学者。青山学院大学名誉教授。専門は企業論。

略歴編集

大阪市出身、大阪府立東淀川高等学校卒業[2]1968年昭和43年)大阪教育大学社会科学科卒業[1]1968年大阪府立大学大学院経済学研究科入学。1973年同研究科博士課程退学[1]

1973年大阪府立商工経済研究所研究員[1]1981年青山学院大学経済学部の専任講師。翌1982年国際政治経済学部の専任講師。1984年助教授1988年教授(国際産業、企業論など[3])。2014年平成26年)定年退職名誉教授[1]

人物編集

1980年昭和55年)神戸大学教授の池本清村上敦から推薦され、青山学院大学の国際政治経済学部の新設に合わせ移籍した[1]1997年平成9年)11月から日本ベンチャー学会理事を(2009年12月まで)、2001年から日本中小企業学会会長を(2004年まで)、2011年から日本学術振興会中小企業・産業構造第118委員会委員長を務めた(2014年まで[1])。

著書編集

共著編集

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集