源兼忠
時代 平安時代前期 - 中期
生誕 延喜元年(901年
死没 天徳2年7月1日958年7月19日
官位 正四位下参議
主君 醍醐天皇朱雀天皇村上天皇
氏族 清和源氏
父母 父:貞元親王、母:藤原基経の娘
兄弟 兼忠、兼信
不詳
能正、能遠、藤原済時室、藤原兼家
養子:重之
テンプレートを表示

源 兼忠(みなもと の かねただ)は、平安時代前期から中期にかけての公卿清和天皇の孫で、上野太守貞元親王の子。官位正四位下参議

経歴編集

醍醐朝延喜17年(917年従五位下叙爵。その後、備中権守三河権守侍従を歴任した。

朱雀朝に入ると、延長9年(931年左兵衛佐、承平6年(936年左衛門佐と武官を務め、承平2年(932年)従五位上、承平8年(938年正五位下と昇進する。天慶3年(940年)に中宮亮を兼ね、天慶4年(941年従四位下に進む。のち、春宮亮・中宮権大夫を歴任した。

天慶9年(946年)成明親王が即位村上天皇)すると春宮亮の功労により正四位下に叙せられ、7月に左京権大夫、9月に右京権大夫に転じ、天暦5年(951年)に近江権守に任ぜられた。天暦8年(954年参議に任官し公卿に列す。議政官の傍らで備前権守治部卿を兼任した。

天徳2年(958年)7月1日卒去享年58。最終官位は参議治部卿正四位下。

官歴編集

公卿補任』による。

系譜編集

尊卑分脈』による。

脚注編集

  1. ^ 或いは11月4日
  2. ^ 『日本紀略』

参考文献編集