メインメニューを開く

源則理

源 則理(みなもと の のりまさ)は、平安時代中期の貴族醍醐源氏権大納言源重光の三男。官位正四位下但馬守

 
源則理
時代 平安時代中期
生誕 不明
死没 不明
官位 正四位下但馬守
主君 一条天皇三条天皇後一条天皇
氏族 醍醐源氏
父母 父:源重光、母:行明親王娘
兄弟 通雅、長経、方理、則理、康経、
藤原伊周室、藤原道長
源憲定
敦平親王妃、基行
テンプレートを表示

目次

経歴編集

姉妹の一人が藤原伊周の室となったことから中関白家側近と見なされ、長徳2年(996年)に発生した長徳の変の後は官途に恵まれなかった。

因幡国美作国但馬国国司を歴任するが、但馬守赴任時、社領から年貢を取り立てるという非法行為を行う。さらに、長元8年(1035年)12月、同国の石清水八幡宮神人と争いそれを射殺した[1]ことにより、長暦元年(1037年)5月土佐国に流罪となったが、同年12月には召還されている[2]

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 日本紀略』長元8年12月25日条
  2. ^ 行親記』『扶桑略記』『百練抄』長暦元年5月20日条、同年12月9日条

参考文献編集