メインメニューを開く
 
源孝道
時代 平安時代中期
生誕 不明
死没 寛弘7年(1010年
官位 従五位上越前守
主君 一条天皇
氏族 清和源氏
父母 父:源元亮、母:源経基
養父:源満仲
兄弟 養兄弟:頼光頼親頼信頼平
頼明頼貞頼範頼尋
源賢(賢快)、藤原頼親源敦ほか
永成、政隆
テンプレートを表示

源 孝道(みなもと の たかみち)は、平安時代中期の貴族漢詩人清和天皇の第九皇子である貞真親王の孫で、従五位下・源元亮の子。後に伯父(または叔父)の満仲の養子となった。官位従五位上越前守

経歴編集

弾正少弼左衛門権佐大和守を歴任。寛弘4年(1007年)に越前守に任ぜられるが、寛弘7年(1010年)3月30日以前に在任中のまま卒去[1]。極位は従五位上であった。

一条朝に盛んに行われた作文会の講師を務めるなど[2]、同朝の文人としての活躍が見られ、『本朝麗藻』『類聚句題抄』『擲金抄』に作品が収められている。同時代の漢詩人である大江匡衡から「凡位を越ゆる者」と評された[3]

官歴編集

系譜編集

尊卑分脈』による。

脚注編集

  1. ^ 御堂関白記寛弘7年3月30日条によれば、除目にて、越前守である孝道が死去したため、木工頭大江雅致が後任として越前守に任ぜられている。
  2. ^ 『御堂関白記』寛弘元年閏9月12日条
  3. ^ 江談抄 五』詩事。
  4. ^ 『小右記』
  5. ^ a b 『衛門府補任』
  6. ^ 『権記』
  7. ^ 『勅撰作者部類』では孝道の孫とする。

出典編集