貞真親王

平安時代前期から中期の皇族。清和天皇の九男。三品・兵部卿・常陸太守。子に源蕃基(従五位下、土佐権守)-雅行(従五位下)、源蕃平(従五位下、大膳大夫)-為尭(従五位下、山城守
貞真親王
時代 平安時代前期 - 中期
生誕 貞観18年(876年
薨去 承平2年9月20日932年10月22日
官位 三品兵部卿
父母 父:清和天皇、母:藤原諸藤の娘
兄弟 陽成天皇、貞固親王、貞元親王貞保親王、貞平親王、貞純親王、孟子内親王、包子内親王、敦子内親王貞辰親王識子内親王貞数親王貞真親王、貞頼親王、源長猷、源長淵、源長監、源長頼、源載子
源蕃基、源蕃平、源蕃固、源元亮
テンプレートを表示

貞真親王(さだざねしんのう)は、清和天皇の第九皇子。官位三品兵部卿

経歴編集

貞観18年(876年)に生まれると、同年11月に同じ歳の貞頼とともに親王となった。

詩文に優れ、醍醐朝延喜4年(920年清涼殿で開催された花宴に招かれている[1]。のち、兵部卿常陸太守を歴任し、位階三品に至る。承平2年(932年)9月20日薨去享年57。最終官位は三品常陸太守。

官歴編集

系譜編集

尊卑分脈』による。

  • 父:清和天皇
  • 母:藤原諸藤の娘
  • 生母不詳の子女
    • 男子:源蕃基
    • 男子:源蕃平
    • 男子:源蕃固
    • 男子:源元亮

脚注編集

  1. ^ 『日本人名大辞典』
  2. ^ 『日本三代実録』
  3. ^ 『尊卑分脈』
  4. ^ 『日本紀略』承平元年9月20日条
  5. ^ 『貞信公記』

参考文献編集