メインメニューを開く

源 重資(みなもと の しげすけ)は、平安時代中期から後期にかけての公卿醍醐源氏権中納言源経成の子。官位従二位・権中納言。

 
源重資
時代 平安時代中期 - 後期
生誕 寛徳2年(1045年
死没 保安3年10月10日1122年11月10日
官位 従二位権中納言
主君 後冷泉天皇後三条天皇白河天皇堀河天皇鳥羽天皇
氏族 醍醐源氏
父母 父:源経成、母:藤原泰通
兄弟 重綱、重資、成経
源顕親
テンプレートを表示

経歴編集

康平6年(1063年)19歳で父と同じく諸陵助より官につく。康平8年(1065年)に式部少丞に転じて(翌年大丞に昇任)、治暦3年(1067年)23歳で式部丞の労で従五位下叙爵。同年越後権守に叙任される。

延久元年(1069年)に右馬助承保2年(1075年)に右衛門佐と武官に転じるが、同年少納言に任官。承保4年(1077年)に従五位上に進み、承暦2年(1078年)に紀伊権守を兼ねる。承暦5年(1081年)に少納言の労で正五位下に昇叙。その後右少弁に任ぜられた後は弁官として位を進めていく。修理右宮城使・摂津権守を兼帯し、寛治6年(1092年)に左少弁、寛治8年(1094年)に権右中弁に昇任。嘉保2年(1095年)に従四位下に叙せられた。

嘉保3年(1096年)の永長の大田楽においては源信雅らと共に小鼓を打っている。

承徳2年(1098年)従四位上・権右中弁に叙任。康和2年(1100年)には56歳にして正四位下蔵人頭となり公卿昇進を目前とする。率分勾当・越前権守・修理右宮城使を兼帯して康和4年(1102年)に正四位上に昇叙。長治3年(1106年)に装束使であった重資は白馬節会の際に宣命のことで怠状を召される[1]が、同年さらに土佐権守を兼ねて嘉承元年12月(1107年1月)に63歳で参議に任ぜられて公卿に列し、左大弁に転じる。翌年には勘解由長官近江権守を兼帯した。

嘉承3年(1108年従三位に進み、天永2年(1111年備前権守を兼ねる。永久元年(1113年)には正三位となり、永久3年(1115年)に宣命により権中納言に任ぜられた。永久5年(1117年宮内卿を兼ねるがほどなく大宰権帥に転じて現地に赴任する。なお、重資を最後に大宰権帥は遙任化していった。

元永2年(1118年)に罷申(任国赴任の際の挨拶)の儀の際に勅命で従二位に叙せられて御衣を賜った[2]保安2年(1121年)に権帥を辞して京に戻り、翌保安3年(1122年)8月に78歳で薨去。重資の邸宅であった中御門邸は嘉承2年(1107年)に白河院の御所となり、嘉承3年(1108年)には藤原忠実の邸宅となっている。

官歴編集

※以下、註釈のないものは『公卿補任』の記載に従う。

  • 康平6年(1063年)11月-日:諸陵助に任ず。
  • 康平8年(1065年)4月24日:式部少丞に任ず。
  • 治暦2年(1066年)正月-日:式部大丞に転ず。
  • 治暦3年(1067年)正月5日:従五位下に叙す(式部丞労)。2月6日:越後権守に任ず。
  • 延久元年(1069年)4月28日:右馬助に任ず。
  • 承保2年(1075年)正月28日:右衛門佐に任ず。6月13日:少納言に任ず。
  • 承保4年(1077年)正月6日:従五位上に叙す。
  • 承暦2年(1078年)正月27日:紀伊権守を兼ぬ。
  • 承暦5年(1081年)正月5日:正五位下に叙す(少納言労)。
  • 応徳元年(1084年)8月22日:右少弁に任ず。
  • 応徳3年(1086年)2月23日:修理右宮城使を兼ぬ。
  • 寛治3年(1089年)正月28日:摂津権守を兼ぬ。
  • 寛治6年(1092年)11月8日:左少弁に転ず。
  • 寛治8年(1094年)6月13日:権右中弁に転ず。
  • 嘉保2年(1095年)正月5日:従四位下に叙す。
  • 承徳2年(1098年
    • 正月6日:従四位上に叙す(松尾平野行幸行事賞)。
    • 正月27日:権右中弁に転ず。
  • 康和2年(1100年
    • 7月3日:正四位下に叙す(造住吉賞)。
    • 8月14日:率分勾当を兼ぬ[3]
    • 11月24日:蔵人頭に補す。
  • 康和3年(1101年)2月9日:越前権守を兼ぬ。11月28日:修理左宮城使に任ず。
  • 康和4年(1102年)7月21日:正四位上に叙す(院御給)。
  • 長治3年(1106年)3月11日:土佐権守を兼ぬ。
  • 嘉承元年12月27日(1107年1月22日):参議に任じ、左大弁に転ず。
  • 嘉承2年(1107年)-月-日:勘解由長官に任ず。-月-日:近江権守を兼ぬ。
  • 嘉承3年(1108年)11月20日:従三位に叙す(大嘗会国司)。
  • 天永2年(1111年)正月23日:備前権守を兼ぬ。
  • 永久元年(1113年)10月12日:正三位に叙す(日吉行幸行事賞)。
  • 永久3年(1115年)4月28日:権中納言に任ず(宣命)。
  • 永久5年(1117年
    • 正月19日:宮内卿を兼ぬ。
    • 12月30日(1118年1月23日):大宰権帥を兼ぬ(辞宮内卿)。
  • 元永2年(1118年)8月2日:従二位に叙す。
  • 保安2年(1121年)5月-日:上洛して即ち権帥を辞す。
  • 保安3年(1122年)7月2日[4]:出家。10月10日:薨去。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 殿暦長治3年正月11日条。
  2. ^ 中右記』元永2年8月2日条。
  3. ^ 弁官補任』。
  4. ^ 一代要記』による。『公卿補任』は8月とする。