溝口 宣知(みぞぐち のぶとも)は、江戸時代前期の旗本越後国新発田藩2代藩主・溝口宣勝の四男。分家独立して旗本となる。通称は左京。

 
溝口宣知
時代 江戸時代前期
生誕 元和4年(1618年
死没 万治2年7月7日1659年8月24日
改名 宣知→宗全(法名)
別名 通称:左京
墓所 東京都文京区吉祥寺
幕府 江戸幕府
主君 徳川家光家綱
氏族 溝口氏(二ツ堂溝口家)
父母 父:溝口宣勝、母:堀秀政娘・長寿院
兄弟 宣直宣秋宣俊宣知、蝶姫、
林清院、桐葉院
正室:京極高通
テンプレートを表示

生涯編集

寛永5年(1628年)に将軍徳川秀忠に初御目見をする。同年、父・宣勝の遺領のうち越後蒲原郡の4500石を分与されて、知行地に陣屋を設ける。宣知の陣屋は当初水原[1]に置かれたが、のち正保元年(1644年)に二ツ堂[2]に移転した。これにより宣知の家は二ツ堂溝口家と称された。

明暦元年(1655年)には下館城の在番を勤める。万治2年(1659年)に42歳で歿。法名は宗全。江戸駒込の吉祥寺に葬られる。宣知には男子がなく、その家は一代で断絶となった。

脚注編集

  1. ^ 新潟県阿賀野市
  2. ^ 現新潟県新発田市二ツ堂。