溝口 宣秋(みぞぐち のぶあき)は、江戸時代前期の旗本越後国新発田藩2代藩主・溝口宣勝の二男。分家し交代寄合横田溝口家(切梅溝口家)初代。通称は又十郎。

 
溝口宣秋
時代 江戸時代前期
生誕 慶長14年(1609年
死没 延宝元年4月20日1673年6月5日
改名 宣秋→浄珊(法名)
別名 通称:又十郎
墓所 東京都文京区吉祥寺
幕府 江戸幕府
主君 徳川家光家綱
氏族 溝口氏横田溝口家
父母 父:溝口宣勝、母:堀秀政娘・長寿院
兄弟 宣直宣秋宣俊宣知、蝶姫、
林清院、桐葉院
正室:大久保教隆
宣就
永井虎茂室、徳山重俊
テンプレートを表示


生涯編集

元和8年(1622年)に将軍徳川秀忠初目見をした。

寛永5年(1628年)、父・宣勝の遺領から越後蒲原郡のうち6000石を分与されて、寄合に列する。知行地に陣屋を設けて大名同様に参勤交代することを許され、子孫も代々その地位にあった。知行地の陣屋は初め水原[1]に置かれたが、その後寛永21年(1644年)に切梅[2]に移転した。これにより宣秋の家は切梅溝口家と呼ばれる。ただし嫡子宣就の代に陣屋を陸奥国岩瀬郡横田福島県須賀川市横田に移したため、その後は横田溝口家と称される。

承応2年(1653年)には皆川秀隆と共に下館城の在番を勤めた。延宝元年(1673年)に65歳で歿した。法名は浄珊。江戸駒込の吉祥寺に葬られた。同寺は以後同家の代々の葬地となった。

家督は長男の宣就(のぶなり)が継いだ。宣就の室は本藩当主の溝口宣直の娘であり、従姉妹にあたる。宣就は定火消百人組頭を勤め幕府の信任厚く、大目付留守居徳川綱吉側衆|御側衆を勤め、在任中に死去した。


脚注編集

  1. ^ 新潟県阿賀野市
  2. ^ 新潟県新発田市切梅。