メインメニューを開く

滝山寺鬼まつり(たきさんじ おにまつり)は、愛知県岡崎市滝町で行われている火祭り

滝山寺鬼まつり
鏡餅を持つ孫面の冠面者
鏡餅を持つ孫面の冠面者
イベントの種類 火祭り
開催時期 旧正月7日に近い土曜日
(2019年は2月16日)
初回開催 鎌倉時代
会場 愛知県岡崎市滝町
主催 滝山寺鬼まつり保存会[1]
直通バス シャトルバス、臨時バスが運行
岡崎市滝町の滝山寺
当日15時。滝山寺三門から行列が出立。
大松明・十二人衆行列
冠面者(かんめんじゃ)が身につける祖父面、祖母面、孫面
クライマックスの火祭り(2015年2月21日)

重要文化財である滝山寺本堂に巨大な松明を30数本持ち込むことから天下の奇祭とも称される[2]。愛知県の無形民俗文化財に指定されている[3][4]

歴史編集

起源は鎌倉時代源頼朝の祈願に始まると伝えられている。室町時代に一時廃絶。祖父徳川家康に対し畏敬の念が強かった徳川家光寛永18年(1641年)9月17日、は滝山寺に対し朱印地412石を与えた[5]正保3年(1646年)10月18日には家光の命により滝山東照宮が創建され[6]、さらに正保4年(1647年)、家光は学頭の青龍院亮盛に、毎年滝山寺において天下泰平の祈願をするよう命じた。以後、鬼まつりは徳川幕府の行事として盛大に行われるようになった[7]

明治維新後、徳川幕府の庇護を失い、神仏分離が影響して1873年(明治6年)に休止となるも、1888年(明治21年)、滝村の地元住民らが費用を捻出するなどして復活した[8]。火祭りで登場する3つの鬼の面は室町時代前半期の作とされている[7]

祭りの内容編集

祭り当日の行事は、(1)大松明・十二人衆行列、(2)仏前法要、(3)鬼塚供養、(4)庭祭り、(5)火祭りに大別される。庭祭りは田遊び祭りとも呼ばれ、田楽の一種である。

もともとは旧正月元旦から始まる修正会(しゅしょうえ)の結願日に当たる旧正月7日の晩に行われてきたが、現在は旧正月7日に近い土曜日に行われている[1]

2017年(平成29年)は2月11日に開催[9]。2018年(平成30年)は2月17日に開催。2019年(平成31年)は2月16日に開催。

現地に一般参詣者用の駐車場はないため、当日は真伝町愛知県岡崎総合運動場に臨時駐車場が設けられる。同運動場から滝山寺まで名鉄バスの有料シャトルバスが運行。また、名鉄名古屋本線東岡崎駅から滝山寺までの臨時バスも増発される[10]

準備編集

鬼まつりの中心となる十二人衆は「庭祭り」用の大松明を作成する。大松明に使われる竹は丹坂町から調達する。その他の松明は十二人衆が所有する山の竹やぶから調達され、滝山寺鬼まつり保存会の会員が中心となって作成する。松明作りは滝山寺三門近くの広場で行われる。

当日の1週間から10日ほど前に主役の3人の冠面者(かんめんじゃ)の発表がなされる。近年、祖父面と祖母面は地元の成人男性から、孫面は地元の常磐小学校の男子児童から選ばれている[11][12][13]。冠面者は祭りまでの7日間、斎戒沐浴して別室で起居し、四足動物の肉を口にしないなどの戒律がある。炊事なども男の手によってなされる[14]

地元の常磐中学校の生徒は、鬼の顔をかたどった土鈴を製作し、滝山寺の節分会と鬼まつりで販売する伝統がある(収益はユニセフに募金)[15]

当日編集

15時、「大松明・十二人衆行列」開始。滝山寺三門から本堂に向かい出立。行列には冠面者や十二人衆、住職等が参列する。この時、「滝山寺鬼まつりの唄」が歌われ、町に祭りの始まりを告げる。青木川沿いに行列は進み、唄の合間や道中休憩後の出立時にはほら貝が鳴らされる。行列が本坊へ到着すると、十二人衆は精進料理の饗応を受ける。現在、この料理は祭りの見学者にも供されている(要予約)。饗応の後、鐘楼の鐘と拍子木の音が十二人衆の本堂への登山を知らせる。

17時、「仏前法要」開始。

18時20分、十二人衆は、滝山東照宮と日吉山王社で長刀(なぎなた)御礼振り等、様々な所作を行う。

18時30分、法要の途中、本堂西側にある鬼塚の前で住職による「鬼塚供養」(豆まき)が行われる。2016年(平成28年)2月13日の鬼まつりは、この豆まきに徳川宗家当主、徳川恒孝が参加した[16]

19時、「庭祭り」開始。十二人衆の中でも上役に位置する東次郎と西次郎が長刀御礼振りで悪魔を払った後、同じくコツボネ、福太郎が鍬を担いで登場する。ここで田遊びの所作が演じられる。内容は田打ち・代かき・苗代作り・種まき・田植えなどの農作業の様子である。太鼓の音に合わせて十二人衆によって、この祭り独自の田植え歌が披露される。

19時45分頃、「火祭り」開始[17]。滝山寺の内陣では半鐘、双盤、太鼓が連打され、ほら貝が吹き鳴らされる。この音と共に燃え盛る大松明を持った男達と祖父面・祖母面・孫面を被った3鬼が本堂の外陣と回廊を駆け巡る。孫面の鬼は、初めは右手にまさかり、左手に松明を持って登場するが、途中から豊作を意味する丸餅を持って現れる。大松明を持ち走る人々、鳴り響く音、炎の熱気に包まれ、祭りは最高潮を迎える。大役の拍子木とともに火が消され、一斉の音と光が止む[7]

脚注編集

  1. ^ a b 滝山寺鬼祭【たきさんじおにまつり】 | 文化財ナビ愛知
  2. ^ 新編 史料 民俗 19』 302頁。
  3. ^ 岡崎市指定文化財目録 | 岡崎市ホームページ
  4. ^ 愛知県の指定名称は「滝山寺鬼祭」である。
  5. ^ 岡崎市歴史的風致維持向上計画 - 第1章 岡崎市にみる歴史的風致形成の背景 (PDF)”. 岡崎市役所. 2018年4月23日閲覧。
  6. ^ 新編 岡崎市史 総集編 20』 231-232頁。
  7. ^ a b c 岡崎市歴史的風致維持向上計画 - 第2章 滝山寺鬼祭りにみる歴史的風致 (PDF)”. 岡崎市役所. 2018年4月23日閲覧。
  8. ^ 森田真奈子「わたしが編集長 (109) 家康尊崇 維新後も続く」 『中日新聞』2018年4月22日付朝刊、西三河版、8面。
  9. ^ 森田真奈子「男衆ら完全燃焼 邪気払う鬼まつり 岡崎」 『中日新聞』2017年2月14日付朝刊、西三河版、25面。
  10. ^ 滝山寺(岡崎市)「鬼まつり」開催に伴う臨時運転について<2月11日>|名鉄バス
  11. ^ 竹内雅紀 (2015年2月11日). “冠面者3人決まる 21日・岡崎 天下の奇祭 滝山寺鬼まつり”. 東海愛知新聞. http://www.fmokazaki.jp/tokai/150211.html 2017年1月29日閲覧。 
  12. ^ “祖父面・鷲見さん 祖母面・宇野さん 孫面・小林君 滝山寺鬼まつり 冠面者決まる 岡崎で11日”. 東海愛知新聞. (2012年2月4日). http://www.fmokazaki.jp/tokai/120204_2.html 2017年1月29日閲覧。 
  13. ^ 今井亮 (2011年2月3日). “冠面者決まる 祖父・浅川さん 祖母・中根さん 孫・野中くん 12日「滝山寺鬼まつり」”. 東海愛知新聞. http://www.fmokazaki.jp/tokai/110203.html 2017年1月29日閲覧。 
  14. ^ 瀧山寺(滝山寺)岡崎市・天台宗吉祥陀羅尼山薬樹王院 | 鬼まつり
  15. ^ 岡崎市立常磐中学校: 土鈴販売と鬼祭り(2015年2月21日)
  16. ^ 岡崎市広報Youtube/瀧山寺 鬼まつり(チャンネルおかざき「街ぶらり~岡崎発見隊」 平成28年3月1日~10日放送)
  17. ^ 瀧山寺(滝山寺)岡崎市・天台宗吉祥陀羅尼山薬樹王院 | 行事案内

参考文献編集

  • 『新編 岡崎市史 史料 民俗 19』新編岡崎市史編さん委員会、1984年9月30日。
  • 『新編 岡崎市史 総集編 20』新編岡崎市史編さん委員会、1993年3月15日。

関連項目編集

外部リンク編集