澤田有也佳のアナがパジャマに着替えたら

澤田有也佳のアナがパジャマに着替えたら』(さわだあやかのアナがパジャマにきがえたら)は、朝日放送ラジオ(ABCラジオ)で2018年10月7日から2020年3月29日まで毎週日曜日の未明(土曜日の深夜)に事前収録で放送していたトーク番組[1]

澤田有也佳のアナがパジャマに着替えたら
ジャンル トーク番組
放送期間 2018年10月7日(6日深夜)[1] - 2020年3月29日(28日深夜)
放送時間 後述
放送局 朝日放送ラジオ(ABCラジオ)
パーソナリティ 澤田有也佳朝日放送テレビアナウンサー
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

澤田有也佳朝日放送テレビアナウンサー)にとって初めての冠番組[1]で、澤田が所属する同社編成局アナウンス部が制作に関与していた。

概要編集

「澤田が『ゴロー』という猫と暮らしている部屋にゲスト(同僚のアナウンサー)がパジャマ姿でやって来て、お泊まり会の感覚でセキララなノンフィクショントークを繰り広げる[2]」という設定で放送。ゴローは「(大阪市大淀区→北区大淀南に設けていた朝日放送時代の)旧社屋時代から社内や女子アナの事情に詳しい」とのことで、「とこわか吾郎」と称する朝日放送テレビのベテラン局員制作局長の藤田和弥[3]関西弁で声を当てていた。

上記の設定にちなんで、テーマソングには『今夜はパジャマ☆パーティー』(Shiggy Jr.)を採用。エンディングでは、「ゲストが澤田の部屋から帰った後に、浴室のお風呂で湯が沸いた」という設定で、給湯器のリモコンボイス(アラーム音とゴローの声による「お風呂が沸きました」というメッセージ)に続いて『バスルームから愛をこめて』(山下久美子のデビュー曲)を流していた。

朝日放送テレビのアナウンス部が制作する番組でもあるため、女性を中心に、同部所属のアナウンサーから1~2名が交互にゲストで出演。基本として2週分を1回で収録するため、放送上は2週にわたって同じゲストが登場していた。なお、ゲストを迎えない場合にも、同部アナウンサーからのアンケートやリクエストに基づく企画などを実施していた。

twitter上における当番組のハッシュタグは「#アナパジャ[4]で、公式のアカウントやメールアドレスに寄せられたリスナーからのメッセージも、オープニングやゲストを迎えない回の本編などで随時紹介していた。

ちなみに澤田は、リスナーからのメッセージで「さわでぃ」とも呼ばれていた。また、イラストの描画を得意にしていることから、番組のノベルティ・グッズや公式LINEスタンプ向けに「ゴロー」の絵を披露していた。

2020年3月29日未明(28日深夜)放送分で終了したが、翌週(4月5日未明)以降は『澤田有也佳のこっそりラジオ』が放送枠を引き継ぐとともに、澤田が引き続きパーソナリティを担当する。ただし、『こっそりラジオ』は澤田の単独出演番組として放送するため、「ゴロー」の登場は「猫の飼育を禁止している部屋への引っ越し」という名目で見送られている。

放送時間編集

  • 2018年10月7日 - 2019年12月28日  基本として毎週日曜日(土曜日深夜) 2:30 - 3:00
    • 日本プロ野球シーズン中の土曜日に『ABCフレッシュアップベースボール』として放送するナイトゲーム中継を21:00以降に延長した場合には、21時台以降のレギュラー番組の大半が収録番組であることから、放送枠の完全スライド方式で放送時間を遅らせることがあった。
  • 2020年1月5日 - 3月29日 毎週日曜日(土曜日深夜) 3:00 - 3:30
    • 2:30 - 3:00に『大阪あきんどラジオ!』を編成したことに伴って、放送枠を30分繰り下げ。

コーナー・企画編集

以下はいずれも、放送の実績があったコーナーや企画。実際には、澤田とゲストによるフリートークが放送の大半を占めることが多かった。

コーナーの変わり目には、澤田や同僚の女性アナウンサーによる艶っぽい声のアナウンスを交えたジングルを放送。澤田以外のアナウンサーが初めて出演する場合には、ジングルの収録に挑んだシーンの音源も流された。ちなみに、最終回では全てのジングルを一斉に放送している。

お風呂で鼻歌リクエスト
澤田がリクエスト曲をお風呂で鼻歌で歌うコーナー[2]
お悩み相談室
リスナーから悩みに関するメッセージを募集したうえで、その一部に澤田とゲストが答える企画。
お便りを読もう
リスナーから寄せられたメッセージを澤田がまとめて読むコーナーで、ゲストを迎えない回に放送。
ABCアナウンサーに聞く!○○ソング
「○○」に該当するテーマで澤田の同僚アナウンサーから楽曲のリクエストを募ってから、ゲストを迎えない回に一部のリクエスト曲を放送。リクエストを寄せたアナウンサーからのメッセージ(リクエスト曲を選んだ理由やその曲にまつわるエピソード)も澤田が紹介していた。
アナパジャに厳しいダメ出しを下さい
澤田からのリクエスト企画で、同僚のアナウンサーやリスナーから澤田や当番組へ向けられた「ダメ出し」を紹介していた。

以下は、番組開始の時点から公式サイトで公開されていながら、放送に至らなかったコーナー案。

女子アナを見た!
「街中でロケをしていましたよね?」「テレビに出ていましたよね?」といったアナウンサーの目撃情報を募集するコーナー[2]
件名:女子アナの皆さんへ…
ゲストに聞いてほしい事や言ってほしい事を募集するコーナー[2]
今夜の猫まんま!
ゴローのご飯を作る料理コーナー[2]。レシピのポイント部分では澤田が躍る[2]
今週の映え~~~~
ゲストの携帯にあるオフショット画像を元にトークしたり、番組SNSでイイね数を競ったりするコーナー[2]
私達が決める今週のイケメン!
ゲストが今週、気になったイケメンを紹介・発表してもらうコーナー[2]
澤田アナのゴローを笑わす話
毎週、ゴローを笑わす話を澤田がし、そのトークにダメ出しをしていくコーナー[2]

エピソード編集

  • 番組の立ち上げや制作に澤田の所属部署(朝日放送テレビ編成局アナウンス部)が関与している関係で、番組の終了が発表された2020年3月15日未明放送分では、橋詰優子を「最初の大家さん」、小寺右子(いずれも澤田の先輩アナウンサー)を「今の大家さん」と称していた。アナウンサー兼担当部長として番組の立ち上げに尽力した柴田博については、橋詰・小寺と違って出演の機会こそなかったものの、収録の現場を見学するたびに澤田がそのことに言及していた。
  • ゲストの大半は女性アナウンサーで、登場の機会が最も多かったアナウンサーは津田理帆(通算7回)。放送期間中に産前産後休暇を取得した喜多ゆかり乾麻梨子も、休暇へ入る前の収録でゲストに迎えていたが、八塚彩美だけには出演の機会がなかった(理由は不明)。男性のアナウンサーからは、上田剛彦浦川泰幸および、澤田の同期に当たる小西陸斗が出演。浦川と小西[注 1]が出演時にジングルを吹き込んでいたほか、出演しないアナウンサーも、アナウンス部内のアンケートに基づく企画(「ABCアナウンサーに聞く!○○ソング」など)に協力していた。
  • 「澤田有也佳のアナが…」というタイトルは澤田が出演する他の番組でも使われており、『DANRO presents 澤田有也佳のアナが"ひとり"を極めたら』[5]、『武田和歌子と澤田有也佳のアナが音楽番組を作ったら』(第101回全国高等学校野球選手権大会の中継が中止の際の雨傘番組[6]などがある。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 朝日放送テレビへ入社前の大学生時代からボディビルへ本格的に取り組んでいることを踏まえて、ジングルの文言を「小西陸斗の『アナがタンクトップに着替えたら』」に変更。

出典編集

  1. ^ a b c abc1008khz (2018年9月28日). “澤田アナの初冠番組「澤田有也佳のアナがパジャマに着替えたら」が10月6日(土)深夜2時スタート”. Twitter. 2019年8月16日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i 澤田有也佳のアナがパジャマに着替えたら”. 朝日放送ラジオ. 2019年8月16日閲覧。
  3. ^ 土曜日の深夜で当番組の前に放送される『テレビのミカタ ラジオのラララ』(毎週日曜日1:00 - 1:30)にも、2019年10月から出演。
  4. ^ abc1008khz (2018年10月31日). “三才ブックスさんの『ラジオ番組表2018年/秋号』に新番組「リアルをぶつけろ!ハッシュタグZ」と「澤田有也佳のアナがパジャマに着替えたら」を紹介していただきました…”. Twitter. 2019年8月16日閲覧。
  5. ^ anapajama (2019年1月27日). “来週2月2日から毎週土曜・夜6時50分〜7時「DANRO presents 澤田有也佳のアナが"ひとり"を極めたら」が始まります…”. Twitter. 2019年8月16日閲覧。
  6. ^ anapajama (2019年8月14日). “明日、高校野球中継が中止の際にお届けするラジオ番組が放送予定です。…”. Twitter. 2019年8月16日閲覧。

関連項目編集

  • アナパラ〜Oh!ラフィーキ〜 - 朝日放送時代の1998年10月から2000年3月までレギュラーで放送されていたラジオ番組。当時の朝日放送アナウンス部が制作していた関係で、現役のアナウンサー(戸石伸泰中村智子)がプロデューサーを務めたほか、同部から他のアナウンサーが出演していた。
  • ちょびっと - 朝日放送時代の2014年4月から2016年3月まで平日の夕方に編成していたラジオ番組で、2015年9月までは澤田の先輩アナウンサー・堀江政生の冠番組(『堀江政生のちょびっと』)として放送。同年10月以降は、堀江以外のの現役アナウンサーが週替わりでパーソナリティを務めていたが、澤田が担当する機会はなかった。
  • あどりぶランド - 毎日放送(朝日放送グループと同じテレビ・ラジオ兼営在阪局)のアナウンサー室が制作したテレビ番組。企画から出演まで同室所属の現役アナウンサーが賄っていたことから、「日本の放送局のアナウンス関連部署に所属するアナウンサーが全員レギュラーで出演した番組」の先駆けとされている。
  • コトノハ図鑑 - 『あどりぶランド』の復活版に当たるテレビ番組で、2018年7月から2020年3月までレギュラーで放送されていた。2020年4月改編から、「へぇ~のコトノハ」(『ちちんぷいぷい』月・水曜日のレギュラーコーナー)へ移行。
  • あどりぶラヂオ - 火 - 金曜日で当番組と同じ時間帯にMBSラジオが編成している生放送の音楽番組で、2018年4月の放送開始当初から、毎日放送の現役アナウンサーが単独で随時パーソナリティを担当。同年10月以降は、同局アナウンサーの担当曜日を金曜日に固定している。

外部リンク編集