ちょびっと』は、2014年4月から2016年3月23日まで、ABCラジオが平日の夕方に10分間放送していた事前収録のトーク番組シリーズ。堀江政生をはじめ、朝日放送の現役アナウンサーが、代々パーソナリティを務めていた。2015年9月23日までの番組表上のタイトルは、『堀江政生のちょびっと』(ほりえまさおのちょびっと)だった。

放送時間は、毎週水・木曜日(2014年4月 - 2015年3月)→ 毎週月・火曜日(2015年4月)→毎週月 - 水曜日(2015年5月 以降)の17:00 - 17:10(JST)。全国高校野球選手権大会中継を17:00以降も放送する場合や、日本プロ野球のシーズン中に『ABCフレッシュアップベースボール』としてデーゲーム中継を実施する場合や、年末年始に特別編成を組む場合には放送を休止することがあった。

概要編集

『堀江政生のちょびっと』時代編集

2012年度のナイターオフ期間から火 - 金曜日の夜間に放送している生ワイド番組『堀江政生のほりナビ!!』からの派生番組として、2014年4月から放送を開始。堀江がパーソナリティを務めるとともに、以下の企画を曜日ごとに放送していた。

  • 水曜日(→ 月曜日):2012年度から『ほりナビ!!』ナイターオフ版の金曜日(→ 木曜日)でコメンテーターを務める城島充産経新聞大阪本社社会部記者出身のスポーツライター・ノンフィクション作家)を招いたうえで、城島が取材したスポーツ選手や、城島が執筆したスポーツドキュメント作品についてのトークを展開していた。
  • 木曜日(→ 火曜日):堀江の単独出演で、「ちょびクラ」(『ほりナビ!!』で放送している「ちょいクラ」からの派生企画)を放送。自身が愛好しているクラシック音楽をテーマに、著名な楽曲の聴きどころや、著名な作曲家のエピソードなどを紹介していた。
  • 水曜日:堀江の単独出演で、「ほりエッセイ」を放送。

『(出演アナウンサー名)のちょびっと』時代編集

2015年10月より「テレビや普段のアシスタント的立場では見られなかった、アナウンサーの素顔に迫っちゃおう! 丸裸にしちゃおう!」[1]というコンセプトで番組内容がリニューアルされ、堀江の同僚アナウンサーが週替わりで出演するようになった。

  • 収録は基本的に放送前週水曜日の午前中に行なわれる[2]
  • テーマは、3日間共通でも日替わりでも構わない。なお、スポーツアナウンサーの伊藤史隆によれば、仕事に直接関係のある話題(伊藤の場合にはスポーツと落語)は却下されるという[3]
  • トークの後、話したテーマに基づいた楽曲や自身の思い入れがある楽曲を流す。
  • 最終日のエンディングでは、次週担当アナウンサーを、その人となりやこぼれ話を交えながら紹介する。

柴田博が担当した2016年3月23日(水曜日)放送分で終了[4]。翌週(同月28日)からは、月曜分の後番組として、生放送番組『伊藤史隆のOn-site RADIO』(17:00 - 17:25)を新たに編成した。また、木曜日の同じ時間帯に編成していた『桑原征平快適生活ラジオショッピング!』を火曜分、金曜日の『征平あさおのどす恋ラジオ』を水曜分の後番組に充てている。

週替わり化後の出演アナウンサー編集

2015年編集

放送日 アナウンサー
10月05日 - 10月07日 喜多ゆかり
10月12日 - 10月14日 乾麻梨子
10月19日 - 10月21日 上田剛彦
10月26日 - 10月28日 八塚彩美
11月02日 - 11月04日 岩本計介
11月09日 - 11月11日 横山太一
11月16日 - 11月18日 藤崎健一郎
11月23日 - 11月25日 伊藤史隆
11月30日 - 12月02日 斎藤真美
12月07日 - 12月09日 清水次郎
12月14日 - 12月16日 高野純一
12月21日 - 12月23日 加藤明子
12月28日 - 12月31日[5] 平岩康佑

2016年編集

放送日 アナウンサー
01月04日 - 01月06日 中邨雄二
01月11日 - 01月13日 島田大
01月18日 - 01月20日 ヒロド歩美
01月25日 - 01月27日 小縣裕介
02月01日 - 02月03日 山下剛
02月08日 - 02月10日 桂紗綾
02月15日 - 02月17日 楠淳生
02月22日 - 02月24日 北條瑛祐
02月29日 - 03月02日 大野聡美
03月07日 - 03月09日 北村真平
03月14日 - 03月16日 福井治人
03月21日 - 03月23日 柴田博

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ オープニングで毎回アナウンサーが言っているフレーズ。
  2. ^ 同曜日12時から放送の『桑原征平粋も甘いも』オープニングで、桑原征平がABC入りしてから本番までに出会った人物として担当アナウンサーの名前を出すことがあった(大野聡美が収録に臨んだ2016年2月24日放送分で初めて、当番組の収録であることを述べた)。藤崎健一郎は11月11日の収録後、同日12時台の『ABCニュース』の担当が組まれており、ニュース開始時に桑原から「大変な録音番組を終えたばかりです。」と紹介された。
  3. ^ 『伊藤史隆のちょびっと』1日目より。その後、他のスポーツアナウンサーもスポーツの話題は語らなかった。
  4. ^ ラジオの帯ワイド番組パーソナリティの三代澤康司武田和歌子、テレビの夕方ニュース『キャスト』レギュラー陣(浦川泰幸塚本麻里衣古川昌希川添佳穂高橋大作)、管理職の岡元昇、アナウンス部に籍は残るも記者職専念の保坂和拓、産休中の小寺右子、そして橋詰優子が未出演だった。
  5. ^ 番組編成の都合上(31日は、レギュラー番組『桑原征平の快適生活ラジオショッピング!』が休止)、4日間放送。