瀞八丁(どろはっちょう)は、和歌山県新宮市奈良県吉野郡十津川村三重県熊野市の三県の境界を成す峡谷瀞峡の下流である下瀞の上流にあたり、熊野川水系北山川上流の玉置口・洞天門から田戸までの区域をいう。

田戸の瀞八丁展望所からの眺望

峡谷の両岸に高さ50mにおよぶ断崖、巨石、奇岩、洞窟が1km以上続く日本屈指の景勝渓谷で、国の特別名勝、および天然記念物に指定されている。

見所編集

  • 洞天門
  • 獅子岩
  • 亀岩
  • 松茸岩
  • 墜落岩
  • 夫婦岩
  • 屏風岩(高さ20m、幅87m)
  • 天柱岩(高さ45m)
  • 寒泉窟(奥行き42m)
  • 竜泉窟

所在地編集

  • 和歌山県新宮市
  • 奈良県十津川村竹筒
  • 三重県熊野市紀和町

交通アクセス編集

ウォータージェット船乗り場
JRきのくに線新宮駅から熊野交通バス熊野本宮行きで35分、志古下車。
和船乗り場
JRきのくに線新宮駅から熊野交通バス熊野本宮行きで40分、宮井大橋下車、熊野交通バス玉置川口行きに乗り換えて30分、終点下車。

関連項目編集

外部リンク編集

座標: 北緯33度54分26秒 東経135度52分46秒 / 北緯33.90722度 東経135.87944度 / 33.90722; 135.87944