瀞峡(どろきょう)は、和歌山県三重県奈良県を流れる熊野川水系北山川上流にある峡谷吉野熊野国立公園の一部。

瀞峡

地形編集

隆起準平原である大台ヶ原周辺から流れを発した川が滝を形成し、侵食作用によって滝つぼが後退して形成された。上流から、奥瀞、上瀞、下瀞と呼ばれ、下瀞の上流は瀞八丁の名で特に著名で、巨岩、奇岩、断崖が続く圧倒的な渓谷は、国の特別名勝に指定されている。

所在地編集

アクセス編集

宿泊施設
和船
  • 和船乗り場地図
  • JR紀勢本線 新宮駅 から熊野交通バス「熊野本宮」行きで40分、「宮井大橋」下車、熊野交通バス「玉置口」行きに乗換えて30分、終点下車
ジェット船
瀞峡では熊野観光開発が前身の熊野交通の時代から、プロペラ船のちにウォータージェット船による航路を開設していた[3]。しかし、2011年の紀伊半島での水害以後、北山川への流入土砂が増加し、重機による航路維持の負担が大きくなっていた[3]。また、作業員の高齢化や人手不足、2020年の新型コロナウイルスの流行による乗船客の減少などが重なり、2020年4月13日からウォータージェット船は運休となりそのまま2021年1月1日に事業休止となることが発表された[3]。ウォータージェット船事業については行政への航路整備援助の要請や他の事業者への事業譲渡なども検討されている[3]

ギャラリー編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 2003年に一旦閉館したホテルであるが、2013年6月27日から食堂・喫茶のみで営業再開
  2. ^ a b 平成28年度指定文化財 概要「瀞ホテル本館・有形文化財(建造物)」”. 奈良県. 2017年2月19日閲覧。
  3. ^ a b c d 瀞峡ジェット船休止 運営会社「航路整備の労力過大」”. 紀伊民報. 2020年12月2日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

座標: 北緯33度54分26秒 東経135度53分11秒 / 北緯33.90719度 東経135.88628度 / 33.90719; 135.88628