瀬上 あきら(せがみ あきら、10月12日 - )は、日本漫画家。女性。東京都出身。血液型AB型。

略歴編集

漫画家デビューまで編集

社会人になるまで、1本も作品を完成させたことがなかったという。そんな中、司馬遼太郎歴史小説を読んだことがきっかけで、漫画家を志すこととなった。

漫画家になるまでに、占い師デザイナーガードマンガソリンスタンドの正社員など20種類近い仕事を経験し、危険物取り扱い免許も取得。

マガジンを選んだ理由は、デビュー前に務めていたガソリンスタンドに置いてある雑誌の中で、マガジンが多かったからだという。

漫画家デビュー以降の活動編集

1996年9月1日、第56回新人漫画賞『人生は上々だ』(『週刊少年マガジン増刊号』)でデビュー。その後、ガードマンを主人公にした読み切り『THE DEFENDER』(1998年5月26日『週刊少年マガジン増刊号』)が掲載。

2002年より『マガジンスペシャル』にて『KAGETORA』を連載。『KAGETORA』連載終了後は2007年、『マガジンスペシャル』において和風ファンタジー『神喰らい 〜カミグライ〜』を3号集中連載。同年、『週刊少年マガジン』24号より『キス☆クラ』を連載し、40号にて完結。2008年、『マガジンスペシャル』No.5より2011年No.12まで『奏 〜かなで〜』を連載した。

2013年8月現在、『実際にあった怖い話』にて心霊漫画の連載、ウェブコミック配信サイト『まんがライフWIN』において時代ものの連載、ウェブコミック誌『EDEN』においてコミックエッセイの連載を行い、漫画作品以外にイラストレーション文庫本表紙)も執筆している。

作風・人物編集

『KAGETORA』を始め、作品の多くがラブコメディであるが、本人は実はラブコメが一番苦手と語っている。次に苦手なのがスポーツ系だという。

好みは時代劇であり、多くの作品でそのような雰囲気が見られる。『KAGETORA』が「忍者ラブコメ」になった理由として、「自身の時代モノ好き+(当時の)担当のラブコメが得意」という図式があったからとのこと[1]。また『神喰らい 〜カミグライ〜』は全編通して完全な時代劇の作品となった。

『週刊少年マガジン』2007年25号のインタビューで登場人物の表情はこだわって描いていて、目、眉、口元、視線の方向からそれぞれのキャラのクセまで考慮していると語っている。

主人公とヒロインの関係のみではなく、家族愛などをテーマとした要素も見られる。

作品の中での自画像カエルの姿[2][3][4]。また、人間の姿で聞き役、語り役として登場することもあり、『霊能師寶珠の除霊ファイル』ではセミロングの女性、『刀剣中毒』『精進料理を食べて、いろいろ考えてみた。』ではショートカットで眼鏡の女性の姿で描かれていた。

趣味は旅行温泉荒川弘と旅行に行く仲である。

作品リスト編集

連載編集

読切編集

  • 人生は上々だ(『週刊少年マガジン』1996年9月1日増刊号 / 講談社)
  • THE DEFENDER(『週刊少年マガジン』1998年5月26日増刊号 / 講談社)
  • 私が憑いてるワ!!(『コミックGOTTA』2000年9月号 / 小学館) - 単行本『艶華の花道』に併録。
  • 光閃堂がいく!(原作:瑳川竜 / 『週刊少年サンデー超』2001年11月25日号 / 小学館)
  • KAGETORA(『マガジンSPECIAL』2001年No.12 / 講談社) - 連載に先駆けて掲載された「プレ版」[5]。単行本『KAGETORA』第11巻に併録。
  • KAGETORA(『週刊少年マガジン』2005年8号 - 11号/ 講談社) - 本編に対する「閑話」の短期連載[6]。単行本『KAGETORA』第8巻に併録。
  • ICE SCREAM!(『週刊少年マガジン』2006年11号 / 講談社) - 単行本『神喰らい 〜カミグライ〜』に併録。
  • 雪女(原作:小泉八雲、『マガジンSPECIAL』2012年No.8 / 講談社)

WEBコミック編集

パソコン、スマートフォン

  • 猫耳ぱにっく(『@POUCH』2010年1月30日ほか / 1話完結)
  • 69億分の1の初恋(『G2Comix』2010年6月29日ほか / 1話完結)
  • 神主さんの日常(『EDEN』2013年3月5日 - 2013年9月20日 / マッグガーデン、全2巻)
  • 精進料理を食べて、いろいろ考えてみた。(『ゼロサムオンライン』2016年7月15日 - 2017年4月21日 / 一迅社 / 全1巻)
  • ベイビーゴッド 残虐と純情のメジェドさま(『マンガボックス』2016年第24号 - 2017年第18号 / 講談社 / 全3巻)

イラストレーション編集

書誌情報編集

艶華の花道
  • GOTTA COMICS、小学館
  1. ISBN 4-09-158171-42001年7月
KAGETORA
  • 少年マガジンKC、講談社
  1. ISBN 4-06-363210-5(978-4-06-363210-1)、2003年2月
  2. ISBN 4-06-363257-1(978-4-06-363257-6)、2003年6月
  3. ISBN 4-06-363312-8(978-4-06-363312-2)、2003年11月
  4. ISBN 4-06-363365-9(978-4-06-363365-8)、2004年4月
  5. ISBN 4-06-363417-5(978-4-06-363417-4)、2004年8月
  6. ISBN 4-06-363466-3(978-4-06-363466-2)、2005年1月
  7. ISBN 4-06-363542-2(978-4-06-363542-3)、2005年6月
  8. ISBN 4-06-363574-0(978-4-06-363574-4)、2005年9月
  9. ISBN 4-06-363630-5(978-4-06-363630-7)、2006年2月
  10. ISBN 4-06-363708-5(978-4-06-363708-3)、2006年8月
  11. ISBN 4-06-363735-2(978-4-06-363735-9)、2006年10月
神喰らい 〜カミグライ
  • 少年マガジンKC、講談社
  1. ISBN 978-4-06-363848-62007年6月
キス☆クラ
  • 少年マガジンKC、講談社
  1. ISBN 978-4-06-363896-7、2007年9月
  2. ISBN 978-4-06-363906-3、2007年10月
奏 〜かなで〜
  • 少年マガジンKC、講談社
  1. ISBN 978-4-06-384059-92008年10月
  2. ISBN 978-4-06-384105-32009年2月
  3. ISBN 978-4-06-384165-7、2009年7月
  4. ISBN 978-4-06-384237-12010年1月
  5. ISBN 978-4-06-384303-3、2010年5月
  6. ISBN 978-4-06-384384-2、2010年10月
  7. ISBN 978-4-06-384462-7、2011年3月
  8. ISBN 978-4-06-384538-9、2011年8月
  9. ISBN 978-4-06-384603-4、2011年12月
おさきもち 〜大江戸妖奇譚〜
  • BAMBOO COMICS、竹書房
  1. ISBN 978-4-8124-8441-82013年11月
  2. ISBN 978-4-8124-8712-92014年6月
  3. ISBN 978-4-8019-5098-62015年2月
  4. ISBN 978-4-8019-5099-3、2015年2月
神主さんの日常
  • EDEN COMICS、マッグガーデン
  1. ISBN 978-4-800-00234-1、2013年11月
  2. ISBN 978-4-800-00384-3、2014年12月
ベイビーゴッド 残虐と純情のメジェドさま
  • 講談社コミックス、講談社
  1. ISBN 978-4-06-395755-6、2016年9月
  2. ISBN 978-4-06-395855-3、2017年1月
  3. ISBN 978-4-06-395934-5、2017年5月
精進料理を食べて、いろいろ考えてみた。
一迅社
  1. ISBN 978-4-7580-3281-0 2017年7月
デスマーチからはじまる異世界狂想曲 Ex アリサ王女の異世界奮闘記
  • ドラゴンコミックスエイジ、KADOKAWA
  1. ISBN 978-4-04-072845-22018年8月
カラミティ・ロスト
  • ドラゴンコミックスエイジ、KADOKAWA
  1. ISBN 978-4-04-072950-3、2018年11月

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 単行本『KAGETORA』第11巻「おまけのページ」(189ページ)より。
  2. ^ 単行本『神喰らい 〜カミグライ〜』著者コメント(表紙折り返し)より。
  3. ^ 単行本『キス☆クラ』第1巻著者コメント(表紙折り返し)より。
  4. ^ 単行本『奏 〜かなで〜』第1巻著者コメント(表紙折り返し)より。
  5. ^ 単行本『KAGETORA』第11巻おまけページ(133ページ)より。
  6. ^ 単行本『KAGETORA』第8巻「事情説明」(111ページ)より。

外部リンク編集