メインメニューを開く

瀬沼 茂樹(せぬま しげき、1904年10月6日 - 1988年8月14日)は、日本の文芸評論家

東京生まれ。本名は鈴木忠直。1929年、東京商科大学(現一橋大学)卒。金子鷹之助ゼミでノヴァーリスを学んだ。在学中伊藤整と知り合い終生の親友となる。出版社に勤め、1930年、伊藤の『文芸レビュー』同人となり、谷川徹三の知遇を得て評論活動を始める。1932年、イポリット・テーヌの『文学史の方法』を翻訳、岩波文庫から刊行。唐木順三藤原定らと季刊『理論』を創刊、1933年、最初の著書『現代文学』を上梓、1934年、埼玉県立商業学校教師、1935年、川越中学校教師、1937年から化粧品会社に勤め、執筆活動を一時休止。

1946年、『新日本文学』に拠って評論活動を再開、小田切秀雄猪野謙二と知る。1949年、日本大学講師となるが、結核を患い、文筆に専念することに決心する。その後、稲垣達郎、猪野、川副国基と親しく交わる。1960年、日本大学芸術学部教授。1963年、日本近代文学館が創立され、理事となる。1965年、大正大学講師となる。1967年、日本ペンクラブ理事。1969年、大正大学教授。11月、旧友伊藤整死去。1971年から、伊藤の未完の『日本文壇史』の続きの連載を始める。1975年、文学博士号取得、大正大学を退任。1976年、勲四等瑞宝章受章。1979年、『日本文壇史』全6巻で読売文学賞受賞。没後蔵書の一部が日本近代文学館に収められ、1997年に『瀬沼茂樹文庫目録』が出された。

1953年、当時、早川書房編集者であった宮田昇のブレインとして「翻訳ミステリの安価なシリーズ」を奨め、ハヤカワ・ポケット・ミステリの創刊につながった[1]。瀬沼自身にもミステリ等の翻訳がある。

著書編集

単著編集

  • 『現代文学』木星社書院 1933
  • 島崎藤村 その生涯と作品』世界評論社 1949
  • 『近代日本文学のなりたち 家と自我』河出書房 1951
  • 『近代日本の作家と作品』要書房 1955
  • 『文章作法』河出書房 1956
  • 『若い日の小説鑑賞』角川書店 1959
  • 『近代日本の文学 西欧文学の影響』社会思想研究会出版部[現代教養文庫] 1959
  • 『評伝島崎藤村』実業之日本社 1959
  • 『文章の作り方・書き方』実業之日本社 1960
  • 『現代文学の条件』河出書房新社 1960
  • 『本の選び方・読み方』実業之日本社 1961
  • 『日本文学世界周遊紀行 第1』角川書店 1962
  • 夏目漱石東京大学出版会 1962
  • 『近代日本文学の構造』集英社 1963
  • 『本の百年史 ベスト・セラーの今昔』出版ニュース社 1965
  • 『戦後文学の動向』明治書院 1966
  • 『伊藤整』冬樹社 1971
  • 『仮面と素面 瀬沼茂樹随想集』冬樹社 1971
  • 『木曽路と島崎藤村』平凡社 1972
  • 『展望・現代日本文学』集英社 1972
  • 『竜の落し子』時事通信社 1973
  • 『明治文学研究』法政大学出版局 1974
  • 『戦後文壇生活ノート』河出書房新社 1975
  • 『作家の素顔』河出書房新社 1975
  • 『完本・昭和の文学』冬樹社 1976
  • 『日本文壇史』19-24 講談社 1977-78、のち講談社文芸文庫 1997-98
  • 野上弥生子の世界』岩波書店 1984

翻訳編集

記念論集編集

  • 「現代作家・作品論 瀬沼茂樹古稀記念論文集刊行会」 河出書房新社 1974

脚注編集

  1. ^ 宮田昇『戦後「翻訳」風雲録』(本の雜誌社)P.209

参考編集

  • 「日本文壇史」講談社文芸文庫附載年譜