メインメニューを開く

無名戦士の墓(むめいせんしのはか)とは歴史を通して起きた戦争戦死し、かつ身元がわからない兵士遺骨埋葬または納めた[1]

また遺骨も無く、遺品を納めたり、それも無く英霊として葬り、祀る墓もある。ここでは戦死した者への慰霊塔慰霊碑や慰霊を行う大聖堂、無名戦士の碑なども含んで記述する。[疑問点]

目次

概要編集

無名戦士(無名兵士)とは"Unknown soldier"の訳語である。この語は、本来の軍事用語としては、戦場で発見された「身元不明の兵士(の死体)」を意味する。それゆえに、欧米の無名戦士の墓では実際にその場所で身元不明の戦死者が無縁墓のように埋葬されている場合がほとんどである。その一方で、一般語としては「無名」の訳語のように「有名でない、あるいは誰にも知られず死んだ兵士」といったようなニュアンスもあるため、戦没者慰霊碑や兵士の像などのように「全ての戦死者の象徴」としての機能を併せ持っている。

現代においては多くの国家自治体宗教団体などが主体となって無名の戦士の墓や慰霊碑を設けている。これらは戦死した場所や地域、また祖国に設けられる。

意義編集

欧米諸国において無名戦士の墓は、外交儀礼上の敬意が払われる存在とみなされている[2][3]アメリカ合衆国政治学者ベネディクト・アンダーソンは『想像の共同体』の冒頭で、無名戦士の墓やそれに付随する記念碑は、そこに祭られる兵士が匿名であり、「その国家のために戦死した」ということ以外一切のアイデンティティ(宗教的背景など)が排除されていることにおいて極めて近代的な産物であり、「これほど近代文化としてのナショナリズムを見事に表象するものはない」と指摘している[3]

各国の例一覧編集

一覧の国の順は英語の国名綴りに従う

名称 - 場所 画像 解説
アルゼンチン メトロポリタン大聖堂 - ブエノスアイレス 独立ための無名戦士の墓
オーストラリア オーストラリア戦争記念館 - キャンベラ   オーストラリアの無名戦士を慰霊
オーストリア 英雄広場 - ウィーン
ベルギー コングレ広場 - ブリュッセル 無名戦士の国立モニュメント
ボリビア 無名戦士モニュメント - ラパス 無名戦士の墓
ブラジル 戦士の記念碑 - リオデジャネイロ市 第二次世界大戦の無名戦士の墓
ブルガリア (1) - ソフィア
(2) 無名戦士モニュメント - ハスコヴォ
(1)  (1)無名戦士のモニュメント
(2)露土戦争の無名戦士の墓
カナダ カナダ連合公園 - オタワ 国立追悼碑の無名戦士の墓
チリ マヌエル・バケダノ将軍広場 - サンティアゴ 1881年の南米太平洋戦争の無名戦士の遺骨を納める
チェコ Vítkov丘 - プラハ 国立追悼碑
デンマーク - フレゼリシア 歩兵追悼碑
エジプト 無名戦士追悼施設 - ナスル、カイロ   大統領アンワル・アッ=サーダートも葬られる
エストニア 防衛軍の墓 - タリン
フィンランド ヒエタニエミの軍人墓地 - ヘルシンキ
フランス シャルル・ド・ゴール広場 - パリ   エトワール凱旋門の下に無名戦士の墓
ドイツ ウンター・デン・リンデンブールバール - ベルリン   ノイエ・ヴァッヘ19世紀時期の衛兵所の部分
ギリシャ シンタグマ広場 - アテネ   無名戦士の碑
ハンガリー アンドラーシ通り - ブダペスト 英雄広場の無名戦士慰霊碑
イラク アルシャヒード・モニュメント(殉教者の墓)- バグダード   イラン・イラク戦争の無名戦士慰霊碑
インド インド門 - ニューデリー   無名戦士の墓を兼ねる
インドネシア - バンドン 無名戦士の追悼地。他にKembang Kuning 戦オランダ軍の無名戦士の墓 - スラバヤ
イタリア ヴェネツィア広場 - ローマ   ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂の無名戦士の祭壇
日本 (1) 東京都千代田区
(2) 東京都千代田区
(3) 埼玉県越生町
(4) 大阪府富田林市
(5) 京都市東山
(2)  (1) 靖国神社
(2) 千鳥ケ淵戦没者墓苑
(3) 世界無名戦士之墓
(4) 大平和祈念塔
(5) 霊山観音
リトアニア ヴィータウタス大公戦争博物館 - カウナス 1919年リトアニア-ソ連戦争無名戦士の遺骨を納める墓
マレーシア 国家記念碑 - クアラルンプール 第二次世界大戦大日本帝国イギリス連邦軍との戦いなどの慰霊碑
ニュージーランド 国立戦争記念館 - ウェリントン 2004年に掘り出された第一次世界大戦18,166人の無名戦士の遺骨納める慰霊碑
ペルー ボリーバル広場 - リマ 1881年の太平洋戦争戦士の遺骨の埋葬
フィリピン 英雄達の墓 - マニラ首都圏タギッグ 第二次世界大戦のフィリピン解放の戦士達
ポーランド ユゼフ・ピウスツキ元帥広場 - ワルシャワ   1944年に破壊され再建した、1918-1920年間に戦死の遺骨を納めた無名戦士の墓
ポルトガル バターリャ修道院 - バターリャ 無名戦士の墓
ルーマニア カロル公園 - ブカレスト   1923年建設の第一次世界大戦無名戦士の墓
ロシア アレクサンドル庭園 - モスクワ 独ソ戦の無名戦士の墓
セルビア アヴァラ山 - ベオグラード 第一次世界大戦とバルカン戦争の無名戦士を称える慰霊碑
スロベニア フランス革命広場 - リュブリャナ ナポレオン軍・フランス人無名戦士の慰霊塔
スペイン 忠誠広場 - マドリード   祖国のために戦死した兵士の慰霊塔(オベリスク
シリア - ダマスカス ヒッティーンの戦いなど5つの戦いの殉教者の墓
トルコ - チャナッカレ県   ガリポリの戦いチャナッカレの無名殉教者慰霊塔。近くにオーストラリア・ニュージーランド軍団の慰霊塔もある。
ウクライナ (1) ドニエプル公園 - キエフ
(2) シェフチェンコ公園 - オデッサ
(1)  (1) 無名戦士の墓
(2) 無名戦士の墓
イギリス ウェストミンスター寺院 - ロンドン 第一次世界大戦ヨーロッパ戦線の無名戦士の墓
アメリカ合衆国 (1) アーリントン国立墓地 - バージニア州アーリントン
(2) ワシントン広場 - フィラデルフィア
(3) ミシシッピ州ビロキシ市Beauvoir
(1) 
(2) 
(1) 無名戦士の墓
(2) アメリカ独立戦争の無名戦士の墓
(3) 南北戦争南部連邦軍の無名戦士の墓
ベネズエラ カラボボの戦場 - カラボボ州 カラボボの戦い (1821年)英語版の無名戦士の墓

脚注編集

  1. ^ 「無名戦士の墓」 - ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典、2014年、Britannica Japan。
  2. ^ 新たな国立墓苑 - 国際宗教研究所”. 2017年3月9日閲覧。
  3. ^ a b アンダーソン, ベネディクト『増補 想像の共同体』白石さや・白石隆(訳)、NTT出版、1997年5月20日、32頁。

関連項目編集